ホーム > お役立ち資料 > SAP S/4HANA移行特集

IaaS 型クラウド (SAP基盤、基幹システム基盤、VMware基盤)

SAP S/4HANA移行特集

資料概要

  企業経営の資源要素「ヒト」「モノ」「カネ」に関わる情報と計画をリアルタイムに統合し、一元管理する経営コンセプト Enterprise Resources Planning (以下、ERP)。これを実現するための手段として多くの企業に採用されている ERP パッケージソフトウェアが SAP 社の「SAP ERP」。おおよそ国内 2,000 社以上において、SAP ERP は情報戦略に欠かせない基幹系情報システムとして重要な役割を担っており、意思決定の伴わない情報伝達をすべて自動化し、企業の競争力を高めています。


  SAP ERP は 1992 年に SAP R/3 をリリースしてから今日まで、機能拡張を繰返しながら ERP ソフトウェア市場を牽引し、企業の業務プロセスをサポートしてきました。SAP 社は企業のリアルタイム経営の実現をサポートすべく、これまでのソフトウェアバージョンのアーキテクチャとは異なる強力な次世代 ERP「SAP S/4HANA」をリリースしました。



  しかしながら SAP S/4HANA の登場により、旧バージョンの SAP ERP ソフトウェアの保守サポートが 2025 年に終了することとなり、SAP ユーザーは SAP を使い続けるか、別製品に乗り換えるかといった重大な選択を強いられることとなりました。

  この問題のことを「SAP 2025年問題」と呼びます。


  SAP 2025 年問題への対応準備は現状調査や検証、経営層への上申から関係部署の調整まで、SAP ERP システムの規模や進め方によっては多大な時間とリソース、コストを要する場合があるため、残された時間は決して長くはありません。加えて注意すべき点として、保守サポート終了期限が近付くにつれ、SAP ERP のノウハウを持つベンダーの争奪戦と絶対的な不足が予想されるため、実質的には残された時間は決して長くはないでしょう。


  そこで本書では、SAP ERPを担当するシステム担当者、或いは SAP ERP の基盤を担当するシステム担当者を対象に、SAP S/4HANAへの移行する上での検討起点からベンダーや基盤の選び方までを解説する記事を、まとめてご紹介します。


-