iPadやiPhoneで撮り貯めたカメラロールの写真をたった3秒で遠隔地の社員と共有するには?
法人利用に特化したクラウド型ファイル共有サービス「SmartBiz+(スマートビズプラス)」の運営担当者が語ります。

  • [PR]
upload-camera-eyecatch-20160216

iPadやiPhone、スマートフォンのカメラで写真は撮影していますか?最近では電車の中で手鏡の代わりに自撮りならぬ自写しに利用している女性も増えてきていますね。カメラアプリの起動速度が速くなり、有効画素数も高くなった事で、様々な場面で活用しているのではないでしょうか?

多店舗展開する小売・流通業の現地調査員の方が次期出店候補地域の周辺写真を撮影したり、資材管理(たとえば、太陽光パネルの保守点検で破損箇所を撮影など)に利用しているようです。

写真を撮影するまでは楽勝なのですが、撮影した写真を社内のメンバーと共有するのが”意外と面倒”と共通の課題を抱えています。

今回は、その解決策の一つをご紹介します。

Before:よく聞く共有の方法は?

  • 一番多い手段は撮影した写真をメールで添付して関係者と共有する方法です。
    メールアプリを起動して、メールアドレスを入力し、対象の写真を選択し、送信といった手順を踏みます。問題なく送信できればよいのですが、ファイルのサイズが大きいと非常に送信に時間がかかります。送信途中で通信圏外となった場合、また一からやり直しです。しかも、宛先を間違える恐れも。。。
  • 次に多い手段としては、dropboxなどオンラインストレージを利用しています。
    撮影した写真をdropboxフォルダにアップロード(もしくは事前に自動同期を事前に設定しておく。)する。対象の写真やフォルダを選択し共有するためのリンクを作成する。リンクを作成後、メールやLINEで共有先に連絡する。となります。これもまた、意外と手間がかかっています。
  • 最近は聞かなくなりましたが、こんな方法も伺いました。
    まずは、現場で写真を撮影したのちに、帰社します。帰社後、自分のパソコンにスマートフォンを接続します。パソコンに接続されたスマートフォンの内蔵ディスクから対象の写真を選択し、メールで共有する。さすがに今どきは無さそうなので、コメントは控えます。

After:ここまで、簡素化できます!

  1. アプリを起動する。
  2. メンバーと共有するフォルダーを設定する。
  3. アルバム機能から写真を選択し送信する。

それでは、画面ショットとともに利用方法を紹介します。今回はiPadの画面で紹介します。

1.アプリを起動する。

20160216112703_463

クライアントアプリ:BizCubeを起動します。
このアプリは、AppStoreやGoogle Playからインストール可能です。アプリ説明ページにデモアカウントを記載していますので、とりいそぎ試してみてみたい方は、アプリをインストールして試すことも可能です。きっちり評価したい方は、本番環境と同等環境の無料トライアルをご用意していますので、以下のURLよりお申し込みください。

2.メンバーと共有するフォルダーを設定する。

ファイルを閲覧するためのファイルブラウザー機能を利用します。

20160216112703_516

トップのメニューで”ファイルブラウザ”をタッチしてください。

ファイルブラウザですが、自身のファイルを保管する”マイフォルダ”とメンバー間で共有する”共有フォルダ”があります。ついでになりますが、よく利用するファイルやフォルダのショートカットが保管できる”お気に入り”フォルダもあります。

iPhone版やスマートフォン版クライアントとの違いになりますが、iPad版やタブレット版では階層形式で表示する事が出来ます。

20160216112703_556

今回は、メンバー間で撮影した写真を共有したいので、共有フォルダの中から対象のフォルダを選択します。

保存したフォルダをまずは表示します。表示されたら、そのフォルダを長押しします。青いフォルダがファイルをアップロードできるフォルダです。赤いフォルダは、読み取りのみに制限されていますのでアップロードできませんので、ご注意ください。

20160216112703_594

長押しすると、画面の下部にポップアップが表示されます。そのポップアップから”アップロード先に設定”を選んでください。

20160216112703_638

すると、今度は画面中央に、どの機能のファイルをアップロードするかの指定画面が表示されます。

20160216112703_678

今回も、写真を撮影後、このフォルダにアップロードしたいので、アルバムにチェックを入れて、”OK”してください。

これで、事前準備完了です。

3.アルバム機能で写真を撮る。

20160216112703_719

“ファイルブラウザ”の右横にある”アルバム”をタッチしてください。右上にカメラアイコンと並んでアルバムアイコンがあります。

20160216112703_761

このアイコンをタッチするとiPadで撮影した写真が保存されているカメラロールを選択できます。

20160216112703_805

カメラロールの中から共有したい写真を選択し、完了をタッチ。はい、これにて終了です。

実はこの機能は、非常に高評価をいただいています。

  • 撮影した写真を制限なしに複数選択しアップロードできます。
  • 通信が切れても、途中から再送します。

本サービスの特徴ですが、クライアントアプリ:BizCubeがファイルを小間切れ状態にし送信します。途中で通信が切れても、(一定期間になりますが)サーバー側に通信途中のデータが残っており、最初から再送信するといった事はありません。数GBのデータを再送となると、それだけでキャリアの帯域制限がかかりますので、非常に重宝されています。

iPadのアルバムが写真で溢れかえっていませんか?必要なものはサッと共有し、いらない写真を削除する事でスッキリしてみてはいかがでしょうか!

SmartBiz+の詳細は、こちらから → http://www.smartbizplus.com/

トライアルも可能です。ご興味ある方は、こちらから → http://www.smartbizplus.com/trial/

著: スマートビスプラス運営事務局

 

Pocket

コメント

「SmartBiz+ブログ」の最新記事

一覧へ

030789

[PR] Dropboxでファイルやフォルダをリンクする機能はご存知ですか?

みなさん、Dropboxの転送機能はお使いでしょうか?Dropbox内のファイルやフォルダは”Dropbox リンク”という機能を…

-shared-img-thumb-MAX_sumahodon20141025170110_TP_V

[PR] iPhone紛失しました・・・どんな書類を保存していたんだ!! の長時間にわたる…

みなさんの会社ではiPhoneやスマートフォンの利用・検討は始まっているでしょうか?法人向けの格安SIMも増えてきており、費用面で…

bsN695_ipadwosousasurute

[PR] 会社で編集しているファイルをiPadで提案時に使用したり、フィールド作業の際に閲…

みなさんiPadは会社から支給されていますか?活用できていますか?今回の記事では会社で編集した(編集してもらった)ファイルを外出先…

-shared-img-thumb-0I9A100015030106yubi_TP_V

[PR] iPadやiPhoneなどのモバイル端末管理者は必見!オンラインストレージを安全…

大容量の保存領域、高速演算処理装置、高機能カメラを有するモバイル端末は、情報資産管理の観点からも非常に大きな悩みの種であると想像容…

-shared-img-thumb-AL0012-oinaninetenda20140722_TP_V

[PR] iPhoneやiPadでホワイトボードを撮影した写真を1秒で安全にメンバー間で共…

打合せや会議でホワイトボードを使って説明やディスカッションをすることは日常茶飯事だと思います。打ち合わせ終了後、iPhoneやスマ…