本番サーバのクラウド運用――セルフサービスポータルから読み解く
Virtustream社が提供する先進的な管理ポータル「xStream(エクスストリーム)」を実装した国内IaaSによる公開情報

図6

基幹系システムのクラウド移行を検討する際、公開されるサービス概要を参考にされる方は多いと思います。しかし実際に運用で使用するサービスポータルはなかなか目にすることはありません。基幹系システムに特化したクラウド「CUVICmc2(キュービックエムシーツー)」のセルフサービスポータルを画面キャプチャーを交えながら解説します。

基幹系システムなどミッションクリティカルなシステム環境の全面クラウド移行は、国内企業でも増加の一方ですが、具体的な情報が非常に限られているため、なかなか検討が進まないIT部門の担当者様は大変多いと思います。クラウドサービスでは一般的にセルフサービスで操作可能な管理ポータルが提供されますが、具体的な内容はWEB上の公開情報から読み解くことが困難です。

クラウド先進国のアメリカ合衆国で基幹系システムに特化したIaaSベンダーで知られるVirtustream社が提供する先進的な管理ポータル「xStream(エクスストリーム)」を国内向けにローカライズした国内IaaSの紹介とともに管理ポータルの概要を紹介します。

編集:ビジネスon IT

Pocket

コメント

「基幹特化型IaaS」のイベント・セミナー

開催
基幹システムの選定セミナー