VMware Cloud on AWSの構成|選択肢と注意すべきポイントとは

 2018年11月に東京リージョンでの利用が可能になり、オンプレミスの仮想マシンをクラウド化するための手段として注目されている「VMware Cloud on AWS」。

 まずは実証実験を行い、その可能性を見極めたいと考えている情報システム担当者も多いはずです。

 そこで、VMware Cloud on AWSを使う上でのシステム構成の選択肢を解説すると共に、注意すべきポイントについて解説します。



▼ 目次
1. VMware Cloud on AWSとは
2. 課金単位とサーバスペック
3. アベイラビリティゾーンと本番環境向けの構成
4. シングルAZ構成




1. VMware Cloud on AWSとは

 「VMware Cloud on AWS」とは、VMware社がAWSのインフラ上で提供する「ベアメタル型のIaaSサービス」です。

 東京リージョン内のグローバルインフラを利用でき、そのインフラ上でvSphereが動く、ベアメタル型のIaaSサービスを提供します。またvSphereだけではなく、vCenterやvSAN、NSXまで含んだ形で提供され、インフラ全体の運用すべてがVMware社の管理のもとで代行されます。

 VMware Cloud on AWSには、L2延伸機能や拠点間vMotionを可能にするVMware HCXも含まれているため、オンプレミスとVMware Cloud on AWSとの間で、ダウンタイムなしに仮想マシンの移動を行えます。また同一リージョンのAWSとは25GbpsのVMware Cloud ENIで接続されるため、VMware Cloud on AWSの仮想マシンとAWSインスタンスとの高速な連携も可能になります。



VMC on AWS構成

図 1. VMware Cloud on AWS 概要



 このようなメリットを理由に、VMware Cloud on AWSの活用を検討する企業が増えています。
 それでは、本サービスを利用する場合、どのような構成を選択できるのでしょうか。また注意すべきポイントはどこにあるのでしょうか。





2. 課金単位とサーバスペック

 AWSとは課金体系が異なる点に注意する必要があります。AWSではインスタンス単位の課金となりますが、VMware Cloud on AWSはベアメタル型のIaaSサービスであるため、ホスト単位での課金となります。


VMC on AWS構成

図 2. AWS と VMware Cloud on AWS の違い



 ホストとなるベアメタルサーバは、標準で「Amazon EC2 i3.metal(表記上は i3.16xlarge)」が使用されます。1ホストあたりのスペックは下記のとおりです。



    • プロセッサ:Intel Xeon E5-2686 v4 ✕ 2 ソケット
      •  ソケット毎に18個の物理コア(2.3GHz)
      •  ハイパースレッディングにより、1ホストで72論理プロセッサが稼働
    • メモリー:512GB RAM
    • ストレージ:NVMe Flash✕8
      • 10.2TBの容量+3.4TBキャッシュ
      • すべてのvSAN保護レベルに対応(RAID1,5&6)
    • ネットワーク:25GbpsのElastic Network Adapter(ENA)



 これはかなり高スペックなサーバだといえます。





3. アベイラビリティゾーンと本番環境向けの構成

 AWSのリージョンは複数のアベイラビリティゾーン(AZ)で構成されています。AZは複数のデータセンターで構成され、高い耐障害性を提供しています。ただし、AWS(EC2)の SLA はマルチAZ環境を条件としてシステムを構成することが前提となります。これはVMware Cloud on AWSでも同様です。




VMC on AWS構成

図 3. AWS リージョンとアベイラビリティゾーン



 オンプレミスで動いていた本番環境の仮想マシンを、VMware Cloud on AWS上でも安全に動かすには、当然ながら可用性が重要です。そのため本番環境用としてVMware Cloud on AWSを動かすためには、マルチAZで構成しなければなりません。

 なおAZ内での可用性を確保するため、各AZは最小でも3ノード構成にする必要があります。そのため、本番環境としてVMware Cloud on AWSを利用するには、最小でも6ノード構成となります。

 AZあたりの最大ノード数は32ノードとなっており、最大10クラスタを構成できます。クラスタあたりのサポートノード数の上限は32ノードです。またSDDC(SoftwareーDefined Data Center)を2つまで作成可能です。



VMC on AWS構成

図 4. VMware Cloud on AWS 構成概要


 マルチAZでVMware Cloud on AWSを利用した場合には、ストレッチクラスタによって、データやワークロードを強力に保護することも可能です。

 これは、2つ以上のVMware Cloud on AWS クラスタが同じ論理クラスタの一部でありながらも、物理的には「異なるAZに配置されている」という構成です。複数AZ間でNSXによる論理ネットワークを構成し、vSphere HA/DRSによるワークロード保護/動的再配置や、vSANストレッチクラスタによる完全同期レプリケーションを行います。これによってゼロデータロスの可用性を実現でき、一方のAZに全面障害が生じた場合でも、迅速な復旧が可能になります。



VMC on AWS構成

図 5. ストレッチクラスタによるマルチAZ



 なおストレッチクラスタを利用した場合には、クラスタあたりのサポートノード数の上限は32ノードではなく、その半分の16ノードとなります。





4. シングルAZ構成

 VMware Cloud on AWSを本番環境で使用するには、高スペックで大規模な構成になります。そのため利用料金もそれなりにかかり、「ちょっと試してみたい」という企業にはハードルが高く感じられるかもしれません。

 ただし、AZ をまたいだ可用性が不要であれば、シングルAZで使用するという選択肢も提供されています。この場合、最小構成は3ノードとなります。用途としては、DRやテスト環境を想定しています。

 さらに、期間限定で実証実験を行いたい企業向けに、シングルAZ/シングルノード構成も提供されています。これは文字通り、1台のベアメタルサーバでVMware Cloud on AWSを試すためのものであり、30日間の期間限定で利用可能です。なお、このシングルノード構成から、3ノードのシングルAZへと拡張することも可能です。この場合、利用期間の制限は解除されます。




VMC on AWS構成

図 6. VMware Cloud on AWS 構成概要



 ここで注意点があります。それは「シングルAZからマルチAZへの拡張は不可能」だということです。
 シングルAZかマルチAZかは、契約時に選択するする必要があり、その後は変更できません。

 ただし、シングルAZとマルチAZの両方を契約し、これらの間で仮想マシンを移動させることが可能です。そのため、以下のようなステップで拡張シナリオを考えることができます。

    1. シングルノード構成を契約し、VMware Cloud on AWSの実証実験を行う。
    2. これをマルチノードのシングルAZ構成へと拡張し、検証を継続しながら実績を重ねていく。
    3. シングルAZとは別にマルチAZを契約する。ここにシングルAZやオンプレミスから仮想マシンを移動し、本番環境として利用する。その一方でシングルAZも、DRやテスト環境用として継続して利用する。



 このようなステップを踏んでいくことで、低リスクでVMware Cloud on AWSへの移行を進めていくことが可能になるはずです。






まとめ

 ここで述べた内容をまとめると、以下のようになります。

    1. VMware Cloud on AWSは、AWSとは課金体系が異なる。その一方で可用性に関しては、AWSと同様にマルチAZが前提となる。
    2. そのため、本番環境用として使用する場合には、マルチAZでの契約が必要となる。ただしノードのスペックが高く、AZあたり3~32ノード構成となるため、いきなり導入するにはハードルが高い。
    3. AZ をまたいだ可用性が不要であれば、シングルAZ(最小構成3ノード)という選択肢もある。また期間限定で実証実験を行いたいのであれば、シングルノード構成を30日間限定で使用することも可能。なおシングルノードからシングルAZへの拡張は可能だが、シングルAZからマルチAZへの拡張はできないので、注意が必要である。
    4. シングルAZとマルチAZとの間の仮想マシンの移動は可能。そのため、まずシングルノードを契約しそれをシングルAZへと拡張、その後さらにマルチAZも契約することで、段階的な移行を進めていく、というアプローチも考えられる。


 VMware Cloud on AWS の構成や利用料金に関しては、下記の記事においても解説しています。こちらもぜひご参照ください。



関連記事を読む