CTCとソリニアの協業が日本の新たなOpenStack市場を切り開く(前編)

businessonit01

2015年10月、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)は、OpenStackビジネスのさらなる強化を目指して、グローバルで実績を持つITベンダーの米ソリニア社(Solinea,Inc.)との協業を発表しました。※プレスリリースはこちら
オープンソース(OSS)のクラウド基盤ソフトウェアであるOpenStackのエキスパートであるソリニア社と、国内市場でいち早く取り組みを行ってきたCTCの協業によって、日本のOpenStack市場、そしてオープンソースソフトウェアの活用はいっそう活気づくものと期待されています。
今回は、ソリニア社CEOのフランチェスコ氏、CTC クラウドイノベーションセンターの小岩井 裕氏のお二人に、両社のこれまでの取り組み、日本市場に対する認識、そしてこれからのビジネスについて語っていただきました。

ソリニア社はOpenStack、そしてオープンなインフラストラクチャのエキスパート

フランチェスコ:ソリニアは、OpenStackを中心としたオープンインフラストラクチャのエキスパートが集まる会社であり、ソフトウェアディファインドなネットワーク(SDN)やストレージ、Dockerなどのコンテナ技術、さまざまなオープンソースソフトウェア(OSS)を組み合わせて企業が求めるクラウド基盤の設計、構築、運用をトータルに支援しています。サンフランシスコの本社に加えて東京とソウルに拠点があり、これまでにシステム構築を手がけたお客様はアジア、北米、欧州とグローバルに広がっています。

私たちは他社に先駆けてクラウドアーキテクチャおよびインフラの設計と導入に取り組んできました。アジャイル開発、DevOpsを適用した運用の自動化、コンテナ技術やマイクロサービスを活かしたアプリケーションの統合やサービスの迅速なデリバリーの実現を強みとしています。また、これまでの経験と実績を基に開発した監視・管理ソフトウェア製品である「Solinea Goldstone」は、OpenStackベースのクラウド基盤の運用に革新をもたらすものとして皆様に評価いただいています。

いわゆるソリューションの提供に留まらず、エキスパート集団ならではのコンサルティングや人材トレーニングを積極的にサービスとして提供していることも強みです。CTCと協業して半年ほどになりますが、CTCのエンジニアにもトレーニングを実施しています。

CTCが持つ顧客プラットフォーム、すなわち日本の市場で築いてきた多種多様な業種・業界のお客様やパートナー企業との深い信頼関係、営業力、サポート力、そして技術力の高さは、とても素晴らしいものだと感じています。OpenStackという分野に限らず、より幅広いビジネスを展開できるシステムインテグレーターとして、CTCは私たちが日本市場へアプローチするときに最善のパートナーであると思ったのです。

ソリニア社との協業によって新たなインテグレーションの領域を目指す

小岩井:OpenStackの市場が立ち上がっていない2012年頃から技術開発を中心とした取り組みを始めていて、コミュニティの活性化や技術が成熟するタイミングに合わせてビジネス展開を進めていきたいと考えていました。2015年頃になると北米ではいろいろな事例が出始め、国内でもOSSを中心としたクラウド市場の成長が見込まれるようになる中で、インテグレーションサービスにもっと力を入れていく必要があると思いました。

今までは、製品を調達して日本市場に提供するというビジネスモデルが主でしたが、これからは先端の技術そのものを導入、体得して、我々のノウハウとしてお客様にご提供するというインテグレーションに価値のあるビジネスモデルを作り上げていこうとしています。
そこで、OpenStackの分野でインテグレーション協業できるパートナーはいないだろうかと探していたときにソリニア社と出会いました。OpenStackによるクラウド構築ではさまざまなOSSとの組み合わせが不可欠ですが、ソリニア社は特定のOpenStackディストリビュータに依存せず、まさにオープンな立ち位置であること、そしてOSSによるオープンなインフラストラクチャのエキスパート集団であることに非常に魅力を感じました。

インテグレーターとして、OSSの領域に踏み込むのはハードルが高いとよく言われますが、ソリニア社との協業によってそのハードルを越え、OSSが牽引する新しい技術をお客様に提供して行く予定です。
Francesco
写真左:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 クラウドイノベーションセンター 部長代行 小岩井 裕
写真右:Solinea(ソリニア)CEO, Francesco Paola(フランチェスコ)

Pocket

コメント