「PoC」とは何か|その本質とメリット、ITプロジェクトにおける意義

 昨今のシステム開発プロジェクトで、実施されることが増えている「PoC」。その背景には、デジタルトランスフォーメーションの進展や、それを後押しする新技術の実用化が存在します。

 それではPoCを行うことには、具体的にどのような意味があるのでしょうか。ここではその本質とメリット、ITプロジェクトにおける意義などについて解説します。



▼ 目次
1. 机上ではなく実際のものでコンセプトを検証するPoC
2. ITの役割の変化に伴いPoCを行うITプロジェクトが増大
3. ビジネスITや新技術の導入ではPoCの実施が不可欠に





1. 机上ではなく実際のものでコンセプトを検証するPoC

 PoCとは「Proof of Concept」の略語であり、日本語では「概念実証」「コンセプト実証」と訳されるのが一般的です。またより広く「実証実験」と呼ばれることもあります。

 その役割は、新たなアイディアや企画、構想(コンセプト)に対し、それが実現可能なのか、目的とする効果や効能が得られるのか、市場に受け入れられそうなのか、といったことを、本格的にプロジェクトを開始する前に検証することです。ここで重要なのは、単に「机上で検討を重ねる」のではなく、検証のための「ものを作り上げ」「実際に使ってもらう」という、実験的なアプローチを行う点にあります。

 PoCという言葉を古くから使っている業界としては、医薬品業界が挙げられます。新薬の開発は、まず基礎研究を行って新たな候補物質を見つけ出し、その有効性や安全性を動物実験で確認した後、人に対する有効性と安全性を確認する臨床試験を行います。この臨床試験の一部がPoCと呼ばれており、有効性や安全性を確認できたことを「PoCを取得した」などといいます。

 もちろんPoCは医薬品業界だけのものではありません。他にも様々な業界で行われています。

 例えば映画業界では、長編映画を制作する前に、同様のコンセプトの短編映画が制作されることがあります。この短編映画を関係者に見せることで、映画化権の取得や出資者へのアピール、役者の説得などを行うのです。製作者のコンセプトを短編映画として具現化することで、コンセプトが理解しやすくなり、関係者の意思決定も行いやすくなります。

 より広いビジネスの世界へと目を転じれば、PoCのひとつとしてテストマーケティングを挙げることができます。ターゲットとなる顧客層に試用品を配布し、そのフィードバックをもらうことで、技術面や使用上の問題点を明らかにしつつ、その後の販売戦略の立案などに活かすことができます。

 それではPoCのプロセスは、具体的にどのように進められるのでしょうか。大きく3つのステップがあります。

  1. 試作、実装
  2. 検証
  3. 実現可否の判断




1-1. 第1ステップは試作、実装

 まず第1ステップで行うことは、コンセプトを検証するための試作や実装、つまり「ものづくり」です。ここで作られるのは、短編映画や試用品のように、コンセプトを検証するための最小限の要素を持つものであり、短期間で作り上げることが重要になります。



1-2. 第2ステップは検証

 第2ステップでは、それを実際に見てもらう/使ってもらうことで、関係者や被験者からのフィードバックを収集します。これによって、机上の検証ではわからなかった問題や、軌道修正のための新たな方向性などを、発見することが可能になります。


1-3. 第3ステップは実現可否の判断

 そして第3ステップで、そのコンセプトを実現すべきか否かを判断します。投資に対して十分な効果が得られる場合には、実用化や本格導入へのゴーサインを出し、本格的なプロジェクトをスタートします。そうでない場合には実現を断念し、PoCを終了します。
 コンセプトを調整/修正することで実現可能性が高まると判断される場合には、コンセプトの企画段階に戻り、再びPoCを実施します。コンセプトの調整を行いながら何度もPoCが繰り返されることも、決して珍しくありません。


PoCとは
図 1. PoC のステップ概要図






2. ITの役割の変化に伴いPoCを行うITプロジェクトが増大

 最近ではITシステムの開発プロジェクトでも、PoCが行われるケースが増えています。その背景としてはITが果たすべき役割が、大きく変化していることが挙げられます。またこの流れを、クラウドやIoT、AIといった新技術が後押ししていることも見逃せません。

 20世紀においてITが果たすべき役割は、主として業務の効率化や自動化にありました。その代表として挙げられるのが、会計システムや給与計算システム、生産管理システムなどです。このような業務効率化のためのシステムは、利用者や目的が明確であり、使うべきテクノロジーの選択肢もそれほど広くはありません。また過去に前例のあるシステムが多く、どのように開発を進めていけばいいのかも、ある程度明確になっています。企画~要件定義~設計~実装~テスト~リリースといたステップを順番に踏んでいく「ウォーターフロー型」の開発でも、それほど大きなリスクを抱える危険性はありませんでした。

 しかし最近では、ITを活用して新たなビジネス領域を開拓していこう、という動きが活発になっています。このような取り組みを「デジタルトランスフォーメーション」といい、このような目的で使われるITを「ビジネスIT」といいます。

 ビジネスITへの取り組みは、企業に新たな収益源をもたらす可能性がある一方で、技術的な問題でプロジェクトが完了しない、投資に対して十分な収益が得られない、といったリスクも存在します。ビジネスITは前例のない取り組みになることが一般的であり、数多くの不確定要素が存在するからです。また新技術を活用するケースも多く、技術的な実現可能性が明確ではないことも少なくありません。

 そこで重視されるようになったのが、PoCの実施です。企画(コンセプト立案)からいきなり机上での要件定義を行うのではなく、まずは最小限の機能を提供するテスト的な試作/実装を行い、それを実際のユーザーに使ってもらうことで、プロジェクトを本格的にスタートすべきか否かを判断するのです。


PoCとは

図 2. 要件定義の前にPoC を実施






3. ビジネスITや新技術の導入ではPoCの実施が不可欠に

 ITを活用して新規ビジネスを立ち上げる場合には、PoCの実施は不可欠だといえるでしょう。技術的な問題点やユーザーからの評価を明確化することで、成功率の低いコンセプトをフィルタリングできるからです。またPoCによって、ユーザーからの新たなニーズやウォンツが発見できることもあります。この場合はコンセプトを調整して再度PoCを行うことで、成功の確率を高められる可能性があります。

 成功率の高いものだけをプロジェクト化することで、投資効果を最大化しやすくなります。しかしPoCのメリットはこれだけにとどまりません。いったんPoCで「ものづくり」を行っておくことで、プロジェクト化後のプロセスを迅速化できる、という効果も期待できます。すでに技術的な方法論や、市場に受け入れてもらうためのアプローチが明確になっているため、要件定義や設計、実装などを、悩むことなく進められるからです。さらにコストに関しても、見通しをつけやすくなっているはずです。

 最終的にプロジェクト化を断念した場合でも、PoCが無意味になるわけではありません。断念に至るまでには、技術的な課題、ユーザーからの評価、市場性における問題などが浮き彫りになっているはずです。このような知見を蓄積していくことで、成功しやすいコンセプトを立案しやすくなります。また技術的な課題で断念した場合には、その技術が確立された段階でリベンジする、というアプローチも考えられます。

 ビジネスITだけではなく、業務効率化のために新技術を導入する場合でも、PoCは重要な役割を果たします。このようなケースとしては、社内で仮想化された基幹系システムをクラウド化する、定形業務効率化のためにRPAやAIを導入する、といった取り組みが考えられます。ここにも、新技術が本当に目的を達成できるのか、過大なコストがかからないのか、運用上の制約は生じないのか、などの不確定要素が存在します。このような不確定要素を事前に潰しておくことで、本格的な導入をスムーズに行えるようになります。

 変化の激しい時代には、変化がもたらすリスクをどのようにして最小化するかが重要になります。そしてそれを可能にするのがPoCです。PoCを事前に実施するITプロジェクトは今後、さらに一般的なものになっていくはずです。





まとめ

 ここで述べた内容をまとめると、以下のようになります。

    1. 机上ではなく、実際に「ものを作り」「使ってもらう」ことでコンセプトを検証するのがPoC。このような取り組みは幅広い業界で行われている。
    2. IT業界でも、ITの役割が「業務効率化」から「ビジネスIT」へとシフトしたことで、PoCの重要性が高まっている。ビジネスITは不確定要素が多く、PoC抜きではプロジェクト失敗のリスクが高いからだ。そのため企画からいきなり要件定義に入るのではなく、その前にPoCを行うケースが増えてきた。
    3. PoCを実施することで、成功率の低いコンセプトをフィルタリングでき、投資効果を最大化しやすくなる。またプロジェクト化を断念した場合でも、PoCで得られた知見を蓄積することで、次のコンセプトに活かせるようになる。
    4. ビジネスITだけではなく、業務効率化に新技術を導入する場合でも、PoCは重要な役割を果たす。新技術導入にも不確定要素が多く、PoCによって事前に問題を明確化できるからである。

 しかし、PoC を検討するにも、どこに PoC の支援を依頼すれば良いか悩みます。


 実施したい PoC によっては、ビジネスや既存の業務プロセスだけでなく、幅広いIT技術の知見や経験が無ければコンセプト・アイデアを出すことすら難しく、その後の実装プロジェクトや運用まで配慮すると、運用上の注意点をも理解している必要があり、自社IT部門だけではPoCの実施が困難な場合が殆どです。


 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)では様々な技術分野において、いち早く有効性や利用上の注意点などを検証し、得られた知見をもってお客様のPoCを支援しています。氷山の一角として、VMware仮想環境のクラウド化の手法として注目されている「VMware Cloud on AWS」のPoCが挙げられます。本 PoC で得られた知見の一部に関しては、下記よりご覧いただけます。その知見の一部は以下のページでも紹介されておりますので、興味のある方はぜひご参照ください。

関連記事を読む





 PoCの検討にお悩みの方は、PoCのサポート実績だけでなく、本番環境への移行から運用の支援までの実績が豊富なCTCに、PoCの支援をお任せください。

 下記に、よくご相談いただくPoCについてご案内します。





AWS の導入・移行に関する PoC



poc




VMware 基盤クラウド(VMware Cloud on AWS)に関する PoC



poc




VMware 基盤プライベートクラウドに関する PoC



poc




SAP、基幹システムのクラウド移行に関する PoC



poc




エンドポイントセキュリティに関する PoC



poc




-