ERP基幹システムは「作る」から「組み合わせる」時代へ|Fit to StandardでDX推進を加速

ERP基幹システムは「作る」から「組み合わせる」時代へ|Fit to StandardでDX推進を加速

 刻々と変わる不確実な社会と市場に追従するように、デジタル化の波が企業のさまざまな領域に押し寄せています。

 経営もデジタル化しつつあり、急速に進化するERP基幹システムによって、企業内に散在した経営データがリアルタイムに集約、機械学習によって分析/可視化され、ビジネスやサービスの拡張だけでなく、業務やワークスタイルが改善されるようになってきています。

 ERP 製品 の最大手である SAP 社の ERP は、S/4HANA という最新の ERP を発表して以降、ビジネスを支える強力な機能が頻繁に追加されるようになりました。市場の変化に即応する SAP ERP ユーザー企業は、この恩恵を受けるため、追加開発を行わず標準機能やベストプラクティスを最大限に活用し、ビジネス要件を短期間・低コストで実現して競争力を高めるという戦略を選択し始めています。

 これは近年多く見られる「Fit to Standard」と呼ばれる ERP の導入手法です。

 Fit to Standardとは、ERPのパッケージに備わっている標準機能をフル活用する手法です。従来の導入の際は、業務要件にERPの機能が合致するか否かを評価する「Fit & Gap」という考え方が主流でしたが、市場への即応スピードを追求する企業では、提供機能に業務が合わせられるかを評価する「Fit to Standard」へと考えがシフトしようとしています。

 標準で提供されている業務範囲は標準の機能で実現する。標準で提供されていない業務範囲は SaaS や他のパッケージをジグソーパズルのように組み合わせて実現する。このスタンスを基本として、発生する課題や不都合も、なるべく開発に頼らずにノーコード /ローコードの技術を取り入れて、いち早く ERP 基幹システムの活用を開始することこそが、市場や顧客ニーズに追従して競争力を高める上で重要であると考えられているのです。

 とはいえ、Fit to Standardだけでうまくいくのか疑問を抱いている企業も少なくありません。

 そこで本連載では「ERP基幹システムは「作る」から「組み合わせる」時代へ。Fit to StandardでDXを加速」と題し、今後のERP基幹系システムはどうあるべきかについて解説します。




▼ 目次
・第1回. Fit to Standardを実現させるために必要となる考え方
・第2回. DX時代の基幹システム(SoR)に求められるアーキテクチャとは|SaaS・PaaS・iPaaSの活用
・第3回. Fit to Standardのデメリットを排除|定着化と保守運用まで考えた導入の実践






1. Fit to Standardを実現させるために必要となる考え方

 本題への導入とし、市場の変化に迅速に追従できるERP基幹システムをデザインするうえで、必要となる考え方について解説します。


詳細を読む






2. DX時代の基幹システム(SoR)に求められるアーキテクチャとは|SaaS・PaaS・iPaaSの活用

 DX時代の基幹システム(SoR)を支える技術要素の全体像、アーキテクチャに焦点を当てます。非常に多岐にわたる要素に触れる必要があるため、今回のブログでは、基礎的な用語整理とポイントとなる3つの要素の確認、そしてポイントの1つ目としてSaaS・PaaS・iPaaSの活用について解説します。


詳細を読む






3. Fit to Standardのデメリットを排除|定着化と保守運用まで考えた導入の実践

 DX時代の基幹システム(SoR)を支えるアーキテクチャのポイントとなる3つの要素の内の2つ、「定着化」と「運用の負荷低減」について解説します。



詳細を読む










Figues



メルマガ配信のご登録はこちらから関連するセミナーやお役立ち情報をメルマガ配信します



関連記事はこちら