真の従量課金とは――“μVM”技術を徹底解説

CUV_WP_μVM

「所有」から「使用」の時代にも関わらず、ITインフラに余分な費用がかかっているのが現状ではないでしょうか?

止まることが許されない基幹システムだからこそ、瞬間的ななピークを考慮して余裕あるキャパシティを確保しておくことは、ITインフラ設計における基本的な考え方である一方で過剰投資の原因にもつながっています。

この基幹システム故の問題を解決すべく登場したのが、“μVM(マイクロヴィエム)”技術に基づく真の従量課金方式です。

本ホワイトペーパーでは、この真の従量課金(実使用量課金)と、割り当てたCPU・メモリ等のリソースそのものを課金単位とする従来型の従量課金(時間課金)との違いを明確にし、μVM技術を実装したIaaSがもたらすコストメリットについて解説します。

以下ホワイトペーパーより引用

基幹システムのITインフラのリソースサイズの区分イメージ

図2

① システムが実際に利用するITインフラのリソースサイズ
② 突発的な処理実行の際にのみ必要とされるリソースサイズ
③ システム設計時に余裕をもって調達しているリソースサイズ

 

ホワイトペーパー資料名: 「実使用量ベースの従量課金」の解説資料“μVM”技術がもたらすROIの最大化

編集:ビジネスon IT運営事務局(基幹特化型IaaS班)

Pocket

コメント