重要なデータ、海外に保存して大丈夫ですか? 国内データセンターの利点

  • [PR]
security-tips-datacenter-eyecatch

オンラインストレージを選ぶ時に、データセンターがどこにあるか、気を配っていますでしょうか。Dropbox、Evernoteなど、有名なオン ラインストレージサービス、どれももちろんデータセンターは海外です。しかし、海外にデータセンターがあるばかりに、思わぬトラブルに巻き込まれることが あります。

例えば、USA Patriot Act、米国愛国者法という法律があることをご存知でしょうか。アメリカでは、テロリズムに対する捜査を目的とし、政府当局に大幅な権限を認める法律があ ります。もし、クラウドストレージ事業者のサーバーが米国愛国者法によって捜査当局に押収されれば、あなたは大事なデータにアクセスすることができなくな るかもしれません。

もし、保存しているデータについて問題が起こった場合、その紛争解決は日本の裁判所で行われることはなく、海外の裁判所が指定されます。海外の裁判所で、海外の法律で、戦うことは、企業にとって大変に大きな負担となります。

もっと身近なところで言えば、単純にヘルプセンターに日本語が通じないということもあります。大切なプレゼンを前に情報にアクセスできない、一刻も早く状況が知りたい、そんなときにヘルプセンターに日本語が通じないというのは、厄介なことです。

何も考えずに海外にデータセンターがあるサービスを選ぶと、思わぬところで苦労が生まれる場合もあります。逆に言えば、国内にデータセンターがある だけで、これらのリスクとは無縁になるのです。そして、SmartBiz+では、国内データセンターにて、20年以上にわたる豊富な運用実績をもとに、安 全確実にデータをお預かりしています。

機能、コスト、セキュリティ、オンラインストレージを選ぶ際にどれも重要なことではありますが、そこにもう1つ、データセンターがどこにあるかというのも、検討することをお勧めします。

セキュアなファイル共有サービス SmartBiz+のデータ保管先についてはこちら

さらにオンラインストレージのセキュリティ対策をチェックするなら!

著:スマートビズプラス技術担当
Pocket

コメント