ホーム > 製品&サービス > マネージド・SD-WAN・サービス

マネージド・SD-WAN・サービスクラウド接続とネットワーク管理、運用 (マネージド・SD-WAN・サービス)

マネージド・SD-WAN・サービスは、各拠点に設置したSD-WAN機器の運用・保守・監視をアウトソーシングできるサービスです。


伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)では、SD-WANマーケットをリードする「VMware SD-WAN™」を採用し、ネットワーク技術のプロフェッショナルが導入から運用までワンストップでご提供しますので、運用・管理に不安があっても安心してSD-WANをご利用いただけます。


企業のクラウドサービス利用が急速に増加する世の中、ネットワークに関する課題が後回しになっていませんか?

その課題、SD-WANで解決できるかもしれません。

クラウド利用の増加が引き起こす課題

● 課題 1. 最近ネットワークが遅い

~もしかして~ クラウド利用の増加に伴い、クラウドトラフィックがWAN帯域を圧迫していませんか?

クライアントPC がインターネット通信を行う場合、一般的に各拠点からデータセンターを経由して接続しますが、通信量の多いクラウドサービスを利用すると、データセンターにトラフィックが集中して通信速度の低下を招いてしまいます。



● 課題 2. 回線コストが年々増加している

~もしかして~ 回線コストが年々増えていませんか?

クラウドサービスの利用増加に伴う通信速度の低下が発生した場合、各拠点とデータセンター間の回線増速が必要となります。しかし、各拠点とデータセンター間で利用される回線は一般的に高額なため、増速のたびに多大なコストがかかります。



● 課題 3. 利用中のクラウドサービスを可視化したい

~もしかして~ クライアントの利用状況分析を諦めていませんか?

従来のWAN 回線では、クライアントの利用アプリケーションなどの通信内容を識別することができず、拠点毎にどのような通信が行われているのか調査するのは困難です。


今後、クラウドサービスの利用増加に伴いさらに複雑化することが予想されますので、システム管理者でもどのような通信がされているのか把握できない状況になります。



マネージド・SD-WAN・サービス
図 1. クラウドトラフィックの増加に伴う課題と解決策




マネージド・SD-WAN・サービスとは

SD-WANマーケットにおいてリーダーポジションに位置するVMware SD-WANを利用して、SD-WANの運用・保守・監視をアウトソーシングできるサービスです。



マネージド・SD-WAN・サービス概要図
図 2. マネージド・SD-WAN・サービス概要図

提供機能

● 主要機能 1. インターネット(ローカル)ブレイクアウト

「ローカルブレイクアウト機能」とは、SD-WAN デバイスから特定のアプリケーションのみ直接インターネットへ接続させる機能です。これにより、データセンターのトラフィック集中を回避し、通信のボトルネックの発生を最小限に抑えることができます。



● 主要機能 2. 複数のキャリア回線を束ねてセキュアな仮想WANを構築

「リンクステアリング機能」とは、異なる通信キャリア・回線種類・通信帯域のインターネット回線を束ねて、1つの大容量WAN回線を構築する機能です。これにより、トラフィックの多い回線と少ない回線の帯域利用を平準化を実現することができ、回線コストの増加を抑えることができます。



● 主要機能 3. 回線の品質劣化を補正してユーザー体感を向上

VMware SD-WANでは、回線状況のチェックを定期的に実施し、品質劣化を検知した際は通信エラーの補正やパケットが流れる回線を切り替えて「通信の最適化」を行っています。そのため、安価なインターネット回線でも十分な品質を保つことができます。



● 主要機能 4. アプリケーションの可視化

VMware SD-WANでは、アプリケーションごとのトラフィックを可視化する機能が含まれています。これにより、社内で許可していないアプリケーションの利用を検知するなど ITガバナンスを強化できます。



● 主要機能 +α. PPPoE 対応のゼロタッチプロビジョニング

導入の際、システム管理者がその場にいなくても、各拠点のSD-WAN デバイスをネットワークに接続するだけで、あらかじめ用意した設定ファイルが自動的に端末へインストールされます。





マネージド・SD-WAN・サービス
図 3. SD-WANの利用イメージ

 



選ばれる理由

CTCはVMware SD-WAN と 認定サービスプロバイダ契約を締結しているため、フルマネージドでサービスを提供することが可能です。

 

本サービスでは、専門チームが導入から運用までワンストップでご提供していますので、ネットワーク技術者が不在の企業でも安心してSD-WAN をご利用いただけます。



マネージド・SD-WAN・サービス
図 4. マネージドサービスの特性




導入事例 (Microsoft 365 の 導入によるネットワーク遅延)

Microsoft 365を導入したところ、社内全体のネットワーク通信に遅延が生じて業務に支障をきたしている。原因はWAN回線の帯域がひっ迫していたことから、対策として回線を増速(コスト増加)し、さらにネットワーク機器のアップグレード(コスト増)も必要になった。今後、さらなるクラウド化の推進を検討しているが先行きが不安である。



1. 課題のポイント

    • Microsoft 365の利用増加によりWAN回線の増速が必要(WAN回線コストの増加)

    • 通信負荷に耐えうるネットワーク機器が必要(機器アップグレードによるコスト増)



マネージド・SD-WAN・サービス
図 5. クラウド化推進時の課題




2. 改善のポイント

    • Microsoft 365の通信は、データセンターを経由せずに各拠点・店舗から直接インターネットへ接続させることで、高額な閉域網の利用を抑えることができます。また、データセンター設置のネットワーク機器をアップグレードする必要もありません。

    • クリティカルな基幹系通信は閉域網を、その他情報系通信はセキュアなSD-WANを利用することで、WAN回線コストを抑えた最適なネットワーク構成に更改できます。



マネージド・SD-WAN・サービス
図 6. 改善後




※ データセンターに高度なセキュリティ製品(UTMやIPS、WAFなど)を設置している場合、特定のSaaS通信のみローカルブレイクアウトさせ、その他の通信はデータセンター設置のセキュリティ機器を経由させることも可能です。

 


「ネットワークの通信速度が遅い」 「ネットワーク更改を検討している」そのような課題をお持ちのお客様は、「CTC SD-WAN ソリューション」の導入をぜひご検討ください。



ご利用方法

お客様は、CTC指定のヒアリングシートにSD-WAN デバイスの郵送先や設定内容をご記入いただければ、以降の機器設定などは本サービスにて対応いたします。お客様のお手元にSD-WAN デバイスが届きましたら、「SD-WAN デバイスの設置・インターネットケーブルの差し込み・接続用URLのクリック」だけでSD-WANをご利用いただけます。



マネージド・SD-WAN・サービス
図 7. ご利用までの流れ

__

お問い合わせINQUIRY

まずはお気軽にご相談、お問い合わせください。

  • ・費用感を知りたい
  • ・自社に最適なシステム構成が知りたい
  • ・課題について相談したい
  • ・スケジュール感を知りたい
  • ・製品やサービスの詳細を知りたい