ホーム > 製品&サービス > CTC Cloud Connect

CTC Cloud Connect - クラウドと企業を短期間で接続マルチクラウド接続 (CTC Cloud Connect)

 CTC Cloud Connectはアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(以下、GCP)、Oracle Cloud 等のパブリッククラウドと企業を、短期間且つ安全に接続するサービスです。

 ビジネスへの応答性を高めたいと考える企業様に、パブリッククラウドを簡単に利用できる環境を提供します。


クラウド移行にお悩みを抱えていませんか?

 

 

CTC Cloud Connect 





CTC Cloud Connectとは

 CTC Cloud Connect は、企業や団体様のシステムやデバイスとパブリッククラウドを、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)が提供するお客様専用の閉域ネットワークを経由して接続するサービスです。

 手間や時間をかけずにパブリッククラウドを試したい、あるいは、複数のクラウドを利用するにあたり課題やお悩みを抱えている企業や団体様を、クラウドの仕様を熟知した CTC がご支援します。



CTC Cloud Connect




CTC Cloud Connect
図 1. CTC Cloud Connect のサービスイメージ 







CTC Cloud Connectが選ばれる理由

 クラウド移行を成功させる上では、PoC(概念実証 ; Proof of Concept)の計画が不可欠です。 つまり、実際にクラウド環境でシステムが正常に稼働する事を、本番と同じ、もしくは限りなく近いシステム環境で 「試す」必要があります。

 CTC Cloud Connect はクラウドのPoCに適しており、この特長がビジネスへの応答性を高めたいと考える多くの企業に注目されています。その理由は下記の3点です。



CTC Cloud Connect





1. パブリッククラウドと閉域接続が可能

 オンプレミスシステムとパブリッククラウドは専用線によって閉域接続されるため、セキュア且つ既存の業務に影響を与えることなく、CTCデータセンター内のお客様システムとパブリッククラウドを接続(閉域接続)できます。



CTC Cloud Connect
図 2. パブリッククラウドとの閉域接続イメージ 



New! クラウド接続拠点が東京に続き、大阪もオープン

 東京・大阪のクラウド接続拠点とCTCの東阪にあるデータセンターをご活用いただくことで、オンプレだけでなくパブリッククラウドも含めたDR構成を容易に構築できます。



CTC Cloud Connect
図 3. オンプレだけなくパブリッククラウドも含めたDR構成概要図



New! パブリッククラウド同士の閉域での直接通信が可能

 「クラウドtoクラウドルータ」をご利用いただくことで、CTCデータセンターのご利用有無に関係なくパブリッククラウド間の閉域接続を提供できます。



CTC Cloud Connect
図 4. 「クラウドtoクラウドルータ」によるクラウド間の接続概要図



2. パブリッククラウドを短期間で利用開始可能

 パブリッククラウドに接続する上で通信事業者のサービスを利用すると約 2~ 3 か月の期間を要しますが、CTC Cloud Connectの場合は、CTCデータセンター内のお客様のシステムとパブリッククラウドの接続を「最短5営業日」で提供できます。



CTC Cloud Connect
図 5. パブリッククラウドを利用するには、最短 2~3 ヵ月かかる



CTC Cloud Connect
図 6. CTC Cloud Connect は最短 5 営業日でクラウドの利用できる



3. パブリッククラウドとのシームレスな接続をサポート 

 パブリッククラウド環境に閉域接続する際の要件は、クラウド毎にそれぞれ異なります。接続に必要な手続きやネットワーク機器の設定作業等は簡単そうに見えて複雑です。

 そこで本サービスでは、お客様のシステムとパブリッククラウドが短時間で円滑に接続できるように、クラウドに関する豊富なナレッジや接続実績を有するエンジニアが支援いたします。お客様はクラウドへの接続に手間をかけることなく、クラウドの活用にご専念いただけます。




CTC Cloud Connect のユースケース

 CTC Cloud Connect には様々なユースケースがあります。「Microsoft Azureへの移行」を例に挙げて説明します。本ユースケースはファイルサーバのOSのEOSLを機に、ファイルサーバをMicrosoft Azureに移行するケースとなります。

課題


1. Windows Server 2008 がEOSLを迎える事により、OSの切替えが必要

2. 重要システムのため、長時間の停止が難しい

3. アプリへの互換性に関する確認が必要




CTC Cloud Connect




 クラウドとお客様オンプレを接続する回線は帯域保証(最大1Gbps)されており、大容量のデータ移行も安心




CTC Cloud Connect
図 7. ファイルサーバをMicrosoft Azureへ移行するイメージ(移行前と移行後)




お客様事例

株式会社JSOL様の「GCP」へのデータ移行検証事例をご紹介します。


1. 検証概要

・CTCクラウドからGCPに仮想サーバを移行

・クラウドとオンプレのサーバを統合的に監視運用できるか確認



2. 監視運用対象

・CTCデータセンター内のL3スイッチ

・CTCクラウド(CUIVCmc2)の仮想マシン

・GCPの仮想マシン

・GCPに移行した仮想マシン



3. 検証の結果、わかったこと

・GCP移行対象サーバの移行後の設定変更作業は不要

・CTCの監視サービスで監視運用対象の監視対応が可能




CTC Cloud Connect
図 8. GCPへのデータ移行検証イメージ




お客様の声

CTC Cloud Connect

資料

CTC Cloud Connect の料金などの詳細については下記よりご覧いただけます。


関連記事を読む



※ Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商用です。

__

お問い合わせINQUIRY

まずはお気軽にご相談、お問い合わせください。

  • ・費用感を知りたい
  • ・自社に最適なシステム構成が知りたい
  • ・課題について相談したい
  • ・スケジュール感を知りたい
  • ・製品やサービスの詳細を知りたい