自分に最適なPCやタブレットに出会えてますか? ~PCとタブレットの使い分け~

pc-or-tab

パソコン(PC)とタブレットの使い分け、皆さんはどのように行っていらっしゃるでしょうか?本体価格も年々下がってきており、複数台数を持ち、使い分けしている方も多いこの頃。カフェで仕事をしていたり、本や新聞を読んでいる方も、PCだったり、タブレットだったり、様々。私自身も外出時の仕事用として、WindowsとOfficeが標準搭載されたSurface(サーフェス)というタブレットを使っています。メールチェックや原稿書き、インターネット閲覧、エクセルの修正程度であれば、タブレットひとつでどこでも作業が可能です。

今回は、様々なシーンにおけるPCとタブレットの具体的な使い分けをご紹介しようと思います。ご自身の利用シーンの参考にしていただけたら嬉しいです。

■PCとタブレットはどんな違いがあるのか

まず、最初にPCとタブレットの端末(ハード)としての特徴から、違いを整理してみたいと思います。PCは一般的には画面と入力装置(キーボードやテンキーなど)が分離されており、タブレットは画面単独であり、画面の中に入力装置が内蔵されています。もちろんキーボードやテンキーを使いたい場合は、外付けとして接続利用も可能です。このため、端末としてのスペックはサイズが大きく、重量も1kg以上になるのがPC、比較してサイズも小さく、重量も軽いのがタブレットという特徴があります。

 

ノートPCとタブレットのメリットとデメリット

 

また通信筐体としての比較でいうと、PCは通信機能の別途契約となり、インターネット接続をしたい場合は通信を行うための契約とともに、通信媒体の購入が必要です。タブレットは購入時にWi-Fiの通信機能のみをもつ機種と、LTEや3Gという電話回線の通信機能を内蔵している機種が揃っているため、選択ができます。このように利用用途によって端末を選んでいくことが最初の一歩となります。

Pocket

コメント