クラウド化の”最後の難関”とも言われる移行作業。オンプレからクラウドへの移行ノウハウとは!?

-shared-img-thumb-TSU788_aozoratokumo_TP_V

移行作業は常に細心の注意を伴う。オンプレミスからクラウドへ移行する場合には、どのような注意が必要になるだろうか。正確で効率的な移行作業を行うためのノウハウを紹介する。

複雑性を増すクラウド移行

移行作業はクラウド化の“最後の難関”と言われる。どんなに慎重に移行計画を立てたとしても、人為的なミスや不測の事態が発生し、業務やシステムに損害が生じてしまうリスクはゼロにならない。オンプレミスからクラウドへ移行する場合には、複数の異なるアーキテクチャが混在するイレギュラーなシステムと作業が発生するからだ。移行がうまく行えなければ、せっかくのクラウド化によるメリットが享受できない。移行については、最もセンシティブな対応が求められるのだ。

基幹システムなどの本格的な移行を行うまでに、クラウド移行のノウハウを蓄積しておくことが推奨されている。企業システムをクラウドへ移す際には、ある一部の業務を選定し、パイロットプロジェクトとして実施するケースが多いだろう。小規模なプロジェクトとして、オンプレミスからクラウドへ移行する体験を通じて、どのような点にリスクがあり、どのような注意を行えばリスクを軽減できるのかを理解するのが移行を成功させる秘訣と言われている。

移行計画を作成する手順は、従来の知見が活用できる。オンプレミスからクラウドへ移行する場合でも、新旧システムの対応関係や、移行データの特性、変換ツール、監視項目、スケジュール、体制などをチーム内で文書化し、明確化しなければならないのは変わらない。では、クラウド移行に特有の要件はどのようなものがあるのだろうか。

migration-to-cloud-20160307

 

Pocket

コメント