ホーム > お役立ち資料 > 生成AIと脅威情報を活用して、「リスク削減」により効くSOCサービスを実現したCTC

セキュリティ運用、監視

生成AIと脅威情報を活用して、「リスク削減」により効くSOCサービスを実現したCTC



資料概要

  昨今、サイバーセキュリティを巡る状況は煩雑化しており、セキュリティ運用の現場は疲弊する一方です。


  運用監視を担うSOC(SecurityOperationCenter:企業のネットワークやシステムの状態を監視し、企業の情報資産をセキュリティ脅威から守る組織のこと)サービスなど外部の力をうまく活用し、アナリストが手作業で行っていた業務を生成AIの最新技術を駆使して効率化することで、高度化する脅威への適切な対策はいかに行えばよいのでしょうか?


  そのような背景がある中、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は日本マイクロソフトと協力し、生成AIや脅威インテリジェンスを活用したセキュリティ分析サービスを開発、提供する方針を明らかにしました。


  本資料では、その狙いと効果を両社のスペシャリストが対談形式でお伝えいたします。


-