ホーム > お役立ち資料 > SAP S/4HANA基盤の可用性と保全性を高める方法

IaaS 型クラウド (SAP基盤、基幹システム基盤、VMware基盤)

SAP HANAの仮想化とクラウド環境における可用性と保全性

資料概要

  次世代ERP、SAP S/4HANAの基盤インフラを検討する際、オンプレミスやクラウドに限らず、SAP HANAの特性を配慮する必要があります。

  伊藤忠テクノソリューションズ (以下、CTC) と各分野のエキスパートは、SAP S/4HANAにとっての最適な基盤インフラを追求する目的で、SAPジャパン協同開発検証センター「CO-Innovation Lab(略称:COIL)Tokyo」に集結し、可用性とバックアップ及び、災害復旧(DR)に焦点をあてた検証を実施。検証から得た気づきを本レポートにまとめました。SAP S/4HANAの基盤インフラをご検討されている方は、是非、本レポートをご活用してください。


■ 検証ハイライト

・SAP HANAの冗長化ついて、HAクラスタソフトとSAP HANA System Replicationを組み合せることで、高い可用性が得られることを確認しました。

・SAP HANAのクラウドベースのDRについて、復旧時間を短縮する場合はSAP HANA System Replication、コストを抑える場合は、ホットスタンバイのDRが可能なサードパーティ製バックアップソフトが適していることを確認しました。

・SAP HANAのデータバックアップについて、SAP HANA標準バックアップの機能が短時間でバックアップを取得できるという点、重複排除の機能を持つサードパーティ製バックアップソフトを使用すればバックアップデータの削減ができる点を確認しました。



共同検証にご協力いただいた企業

・SAPジャパン株式会社

・株式会社クニエ

・Commvault Systems Japan株式会社

・サイオステクノロジー株式会社

・シスコシステムズ合同会社

・SUSE Japan(ノベル株式会社)

・Dell EMC(EMCジャパン株式会社)

・ヴイエムウェア株式会社



共同検証の実施施設

SAPジャパン協同開発検証センター「CO-Innovation Lab(略称:COIL)Tokyo」



___