ホーム > お役立ち資料 > 基幹システム特化型 IaaS (CUVICmc2) の課金の仕組み

基幹システム特化型 IaaS (CUVICmc2)

基幹特化型 IaaS (CUVICmc2) の課金の仕組み

資料概要

  基幹システム特化型 IaaS (CUVICmc2) は CPU、メモリ、ネットワーク帯域、ストレージI/Oのサイズを黄金比で管理する次世代型IaaSです。この黄金比を適応した従量課金方式を利用することで基幹系システムのITインフラのTCO削減を最大50%実現することが可能となります。


  基幹システム特化型 IaaS (CUVICmc2) の課金の仕組みと費用算出方法・費用試算ツールを解説する資料は以下よりダウンロードできます。

※ 下記にフォームやダウンロードボタンが表示されない場合は、お手数ですが「business-on-it@ctc-g.co.jp」までお問合せください。



-