基幹システム特化型 IaaS (CUVICmc2)

安川情報システムのCIOが 基幹系システム再構築プロジェクト を語る

資料概要

 安川電機グループのIT事業会社として業務システムや制御/組込システムの構築、運用を手がける安川情報システムは、基幹システムをERP(統合基幹業務システム)の「SAP S/4HANA」に統合し、その運用基盤に基幹システム特化型クラウドサービスを採用しました。ビジネス変革のスピードを加速させるため、インフラ基盤の構築と運用のアウトソーシングを進め、管理負担を削減しました。

 同社の既存システムは販売、調達、会計など機能単位で長年かけて自社開発してきた結果、個別最適化が進み、システム間の連携にも時間を要していた。加えて、限られた要員でのインフラ運用に関しても、老朽化対策など事業に直結しない部分で負荷がかかり、属人化も問題になっていました。

 本資料では、こうした課題を解決するために同社が実施したシステム再構築の内容や、サービスの選定の経緯(IaaS事業者3社比較)について説明します。

STAR_F01