ホーム > お役立ち資料 > 基幹システム特化型 IaaS (CUVICmc2) の DR、バックアップ

IaaS 型クラウド (SAP基盤、基幹システム基盤、VMware基盤)

CUVICmc2 の DR、バックアップ機能解説資料

資料概要

  一般的なクラウド基盤(IaaS)の場合、基幹系システムに求められるDR(ディザスタリカバリ:災害時復旧)やバックアップ要件に対応しているサービスは少ない。そのような中、基幹系システム用途のDR・バックアップ機能があらかじめ組み込まれたクラウド基盤のサービスの中身に迫る。


  東日本大震災以降、企業の間ではBCP(事業継続性計画)の観点から、DR(ディザスタリカバリ:災害時復旧)やバックアップを重視する傾向が非常に強くなっている。しかしながら一般的なクラウド基盤(IaaS)の場合、基幹系システムに求められるDR(ディザスタリカバリ:災害復旧)やバックアップ要件に対応していないサービスは多い。「DR・バックアップに対応」を謳ったサービスでも、ユーザ側で改めて設計・構築しなければならないケースがほとんどである。


  そこで DR・バックアップ機能を有するSAP・基幹システムに最適なクラウド(CUVICmc2)に注目したい。CUVICmc2のDR・バックアップ機能について解説した資料は下記よりダウンロードできます。可用性の高い IaaS を検討している方の参考になれば幸いです。

※ 下記にフォームやダウンロードボタンが表示されない場合は、お手数ですが「business-on-it@ctc-g.co.jp」までお問合せください。



_