タブレットの利用に積極的な建設業界

construction-652292_1280

建設業界におけるタブレット活用を紹介します。

「建設」といえば屋外の工事現場で重機を操る作業員を、一方「IT」なら窓のないマシンルームでPCやタブレットを駆使しているエンジニアなど、かなり毛色の異なるシーンを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

ところが業界の見識者に聞くと、最近工事現場でiPadなどのタブレット端末が増殖中なのだといいます。図面・設計書などのファイルデータをタブレットを使って現場で利用することが業務効率の向上に一躍買っているということだそうです。

建設業界での意外なタブレットの使われ方

確かにネットで「建設」「iPad」をキーワードに検索するとそれらしい記事が次々と出現します…

  • 建設現場に広がるiPad、大量の図面持ち運び不要に :日本経済新聞

  • 事例で学ぶiPhone/iPad活用術 (170) 建設業界の人手不足解消に …

  • 現場主義 (建設現場情報サイト) : 建設的iPad活用(iPhone/iPad)

  • 工事現場でiPadが増殖する理由とは?意外に進んでる最近の建設業(家 …

しかし、街中の建設現場を覗いても、作業員がiPadを使っている姿を見たことがありません。

見えないところで使っているのでしょうか?

実際に、タブレットを部門採用したゼネコンのご担当者にヒアリングして分かったのはある意外な場所での利用でした。

「会議室」です。もちろん建設現場での図面・仕様書閲覧等にもタブレットを利用していますが、そもそもの導入目的は会議をペーパレス化することによる紙媒体の削減だったのです。

一般的に、ゼネコンは会議の種類も回数も多く大量の資料を使うそうです。また、本部と現場といったように、離れた拠点間での会議が多いそうです。

それがファイル共有の仕組みとしてオンラインストレージを、会議資料の閲覧端末としてタブレットを採用したことにより、大幅なコスト削減と業務効率の改善を実現したそうです。

『事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!』とは逆の話ですよね。意外でした。

建設業界で活躍の場が広がるタブレット活用例

では、「拠点間会議のペーパレス化」以外にタブレットがどのように活用されているかを紹介したいと思います。

社内にある図面や仕様書を現場で参照する

社内に保存されている図面や仕様書はオンラインストレージを介して可搬式のタブレット端末に受け渡しされます。たとえばゼネコンの場合、土木部門は汎用的な法人向けオンライストレージを採用し、建築部門は粒度の高い図面を閲覧することの多いので、特化型のオンラインストレージを採用される傾向にあります。

ゼネコンに限らず、ハウスメーカビルメンテナンス会社など建設業界内でも幅広い分野でこの活用例が浸透しています。

現場での写真情報を関係者間で即座に共有する

タブレットとオンラインストレージの組み合わせにより、現場での工事写真の管理を効率化します。タブレット付属(この場合はスマートフォンでも)のカメラで撮影した写真をすぐその場でオンラインストレージに自動同期することで、社内の関係者にすみやかに共有できます。つまり現場の作業者は撮影に専念し、ファイルの整理は社内の担当者が行う、といったような役割分担が可能となるのです。ビルメンテナンス会社における電気メータの法令点検業務や、リフォーム会社による施工前、施工後のエビデンス取得などの用途でこの活用シーンを確認することができます。工事写真の収集・整理方法の見直しが関係各社で進んでいるようです。

営業マンがタブレットを使って客先にて営業活動する

たとえば建設資材レンタル会社の場合、数多くの部品で組み上げられる仮設の足場などを営業マンが顧客に紹介する際に、効果的なのが組み上げイメージが伝わる動画なのだそうで、タブレットが営業力向上に一躍買っている代表的な利用例といえましょう。ハウスメーカであればルート営業にタブレットを配備するケースが増えています。販促カタログはオンラインストレージ上に格納し、現場での営業マンはタブレットを手に顧客の顔色を見つつ手を替え品を替え自社のラインアップを紹介し、商談が終われば自社に戻らず次の営業現場に向かうことができます。顧客との商談件数が売り上げに比例する分野なので、営業部隊のマネジメント層からも注目される活用術の一つとなります。

 

他にも、最近ニュースで頻繁に登場するドローン(無人飛行体)が建設業界で積極的に採用されています。人が容易に立ち入れない地形での測量や目視できない建設物の外壁の状態確認などに使われるのが一般的なようです。ドローンが搭載するカメラを介した画像の表示やドローンそのものの機体操作、これらにタブレットが利用されているのです。

広がりをみせる建設業界でのタブレット活用。建設以外の業界でも参考になる利用用途はたくさんありそうです。

著:ビジネス on IT事務局、モバイル班

Pocket

コメント