iPadおよびTabletを駆使した食品製造業の営業戦略とは? 
タブレットの業務活用方法 ~ 食品製造業(食品・飲料メーカー)編 ~

whitepaper-03

食品産業は、国民生活に欠くことのできない食料を安定的に供給する役割を担っています。食品産業全体の生産額は81.7兆円で全産業の8%、就業者数は全国で775万人を数え、全産業就業者数の13%を占めるなど、経済面、雇用面でも大きな役割を果たしています。(農林水産省ホームページより抜粋)

 

重要な役割を担っている事もあり、食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高まり、国民は連日の報道にくぎ付けとなります。一方で、日本の人口減少が現実のものとなり、食品業界のグローバル化が急速に進んでいます。食品業界は食品製造業、食品流通業、外食産業で構成され、それぞれの業界で独自にiPadやタブレットの活用が進んでいます。

本ホワイトペーパーでは、食品業界の中でも食品メーカーと称する食品製造業でのiPadならびにタブレット活用方法をご紹介します。
※リンク先に誤りがあったため2016年1月28日に修正

Pocket

コメント