ホーム > イベント&セミナー > SAP HANAによるDXを成功に導くITインフラ戦略セミナー
イベント・セミナーバナー

 

- 12月20日(金)開催 -

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

 

SAP ERPシステムの基盤更改やSAP HANAの新規導入を検討する方に最適なセミナーです。

高速処理を特長とするデータベースのSAP HANA。見落としがちな増え続けるメモリー容量のパフォーマンス対応や、クラウドサービスならではの柔軟性、基幹システムに求められる堅牢性を兼ね備えたCTCクラウドサービスを発表いたします。

開催情報

 セミナー名

SAP HANAによるDXを成功に導くITインフラ戦略セミナー

 

 セミナー概要

  • そもそもSAP HANAとは?(仕組みや事例)
  • SAP HANAのインフラ基盤の構築ポイント
  • SAP HANAの稼働環境はオンプレミスがよいのか?クラウドがよいのか?

 

 次の方におすすめ

  • SAP ERP / SAP HANAの既存ユーザーもしくは導入検討予定のIT部門の方
  • SAPパートナーの方

 

 日時

2019年12月20日 (金) 14:30 - 17:00(受付開始 14:00)

 

 会場

フクラシア丸の内オアゾ ホールB
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビルディング 16階
https://www.fukuracia.jp/marunouchi/access/

※会場をフクラシア東京ステーションから変更いたしました。





 

 定員

30名

 

 主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

 

 協賛

日本アイ・ビー・エム株式会社

 

 協力

SAPジャパン株式会社

 

 参加費

無料 (事前登録制)

 

 備考

  • プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
  • お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

プログラム

14:00 - 14:30

受付

 

14:30 - 14:35

司会挨拶

 

14:35 - 15:20

SAP HANAが実現するビジネス価値とそれを支える仕組み


SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部 ビジネス開発部
ビジネスデベロップメント シニアスペシャリスト 森中 美弥 様


デジタル化が進む現在、迅速かつ精度の高い意思決定が企業競争力に及ぼす影響は加速度的に増しています。
そこでSAP HANAがどのような価値を生み出すか、またなぜそれが実現されるかを顧客事例を交えてご紹介します。

 

 講演のポイント :

    • SAP HANAとは
    • 顧客事例
    • SAP HANAの仕組み 

15:20 - 16:05

SAP HANAに最適化されたIBMのSAP HANA on POWERの実力


日本アイ・ビー・エム株式会社
ハードウェア事業本部 サーバー・システム事業部
コグニティブ・システム事業開発
総括部長 髙木 泰成 様


SAP HANAプラットフォームに求められる要件を実現するPower Systemsを下記の観点からご紹介します。

 

 おすすめポイント :

    • 市場環境の変化やビジネス成長へ対応する柔軟なシステムをどう実現するか
    • ビジネスのスピード向上とリアルタイムな意思決定のためのパフォーマンスをどう実現するか
    • ビジネス継続性を担保する堅牢性をどのように実現するか

 

16:05 - 16:15

休憩

 

16:15 - 17:00

SAP HANA環境が求める要件を支えるクラウドサービス(CUVICmc2)


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウド・セキュリティサービス本部
ITサービス事業部
部長 不破 治信


基幹システムの中核となるSAP HANA基盤が求める安定/性能要件に対し、CUVICmc2が提供する機能について、事例による活用方法をご紹介します。 

 

 おすすめポイント :

    • 重要システムのリプレイス時における課題・検討すべきポイントを知ることができる
    • SAP HANA環境が求める要件を把握できる
    • SAP HANA環境におけるクラウド基盤(IaaS)の活用方法を理解できる

 

 

CUVICmc2 とは

イベント・セミナーバナー

 

CUVICmc2は 従来のクラウドでは不十分であった基幹システムならではの安定性・堅牢性を十分に満たしたIT基盤を、システムリソースの実使用量に基づく従量課金により、低コストでかつ柔軟にご利用いただけるIaaSです。

SAP BASISを含むミドルウェア運用をメニュー化するなど、CUVICmc2のサービスメニューは SAP ERP に最適化されており、SAP S/4HANA を始めとした重要システムの稼働先として、中堅から大企業まで業界を問わずさまざまな企業の基幹系システム(本番系含む)にご採用いただいています。

お申込み

お問い合わせ

本件に関するご質問、ご不明な点については、下記よりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


お問合せボタン