【大阪開催|機械学習の活用事例セミナー】 データ分析にAIを活用し顧客嗜好を予測する
~AI(機械学習)で進化するBtoCビジネスモデル~

★2017年10月4日(水)15:00 大阪開催(無料)★

★東京開催 [10/3(火)]はこちらから

analytics7「機械学習」を活用した予測分析がどのように貢献できるのかを解説しつつ、海外や国内事例から具体的な実践ポイントや分析ツールのデモ、最新情報のご紹介をいたします。

「機械学習」は20年以上前から存在し「データマイニング」として活用されてきましたが、近年のテクノロジーの発展のおかげで業務活用の幅が拡大しています。ビッグデータに対して複雑な数値計算を自動的に、超高速で、何度も繰り返して適用できるようになり、データサイエンティストに依存しがちな従来のデータ分析からよりビジネスユーザに使い勝手の良い機械学習ソリューションが注目されております。

「機械学習」の予測分析がどのように貢献できるのかを解説しつつ、海外や国内事例から具体的な実践ポイントや分析ツールのデモ、最新情報のご紹介をいたします。

**********このような方におすすめいたします********************
・製造業のお客様
・金融・流通・通信のお客様
・機械学習の活用方法への理解を深めたい方
・手作業のデータ分析が限界のため、効率化していきたい方
・すでに機械学習を活用しているがビジネスで活用できていない方

開催概要

開催日時 2017年10月4日(水)15:00 ~ 17:30 (受付開始 14:30)
会場 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 大阪オフィス(受付19F)
大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ノースゲートビルディング
http://www.ctc-g.co.jp/about/corporate/access/osaka.html
osaka
定員 50名 (※お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。)
対象者 ・製造業のお客様
・金融・流通・通信のお客様
・機械学習の活用方法への理解を深めたい方
・手作業のデータ分析が限界のため、効率化していきたい方
・すでに機械学習を活用しているがビジネスで活用できていない方
主催 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
共催 SAPジャパン株式会社
株式会社ブレインパッド
シスコシステムズ合同会社
協力 EMCジャパン株式会社
費用 無料(事前登録制)

詳細内容

14:30 ~ 15:00
受付
15:00 ~ 15:10
開会のご挨拶
15:10 ~ 15:50
最新の機械学習ソリューションとその先にあるAdvanced Analyticsのご紹介

SAPジャパン株式会社 プラットフォーム事業本部
シニアソリューションプリンシパル 瀬尾 直仁

近年、データサイエンティストに依存しがちな従来からあるPredictive Solutionから、よりビジネスユーザーに使い勝手の良い機械学習ソリューションに注目が集まってきております。本セッションでは機械学習のパイオニアであり業界をリードする SAP Predictive Analyticsをデモを交えてご説明します。 また、本セッションではビッグデータ活用事例として、さまざまな業界においてデジタル・マーケティングの高度化を実践された具体的ビジネス事例をご紹介いたします。

15:50 ~ 16:00
休憩
16:00 ~ 16:40
機械学習とAIを活用した実践例と成果を出すためのポイント

 株式会社ブレインパッド デジタルソリューション統括部
統括部長 東 一成

近年、AIや機械学習などのテクノロジーを活用し、その結果をビジネスに活用していくケースが増えてきています。SAP Predictive Analyticsなどを中心としたSAP Leonardoなどのフレームワークの提供が開始され、Google社のTensorFlowといった機械学習、AIのフレームワークとの連携も可能になっています。
ブレインパッドでは、SAP社のSAP Predictive Analyticsでの多くの機械学習の活用や、その他の画像解析などを活用したAIを活用したソリューション提供の事例があります。
このような弊社での実践例を踏まえ、金融、流通、通信、製造などの業界での活用例を含めて、SAP Predictive Analyticsの活用ケースや実践ポイントについてご紹介いたします。

16:40 ~ 17:20
分析業務にスピードを!ビジネス分析と意思決定を支えるデジタルプラットフォーム(仮)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部
部長代行 神原 宏行
*
シスコシステムズ合同会社
パートナーシステムズエンジニアリング
SAPコンピテンスセンター
テクニカルソリューションズアーキテクト 赤坂 知

データドリブン経営のコアとなるデジタルプラットフォームは、柔軟でありながら、企業に求められる堅牢性やセキュリティ、コンプライアンスの要件を満たすものでなければなりません。
本セッションでは、エンタープライズクラスの信頼性と、国内初の実使用量ベースの従量課金により、分析プラットフォームに必要となるセキュリティやリソースの柔軟性、コスト抑制を可能としながら、すばやく導入効果を検証し、ビジネス分析による意思決定や施策への適用を支援する「Data Analytics on CUVICmc2」のご紹介を通じ、データドリブン経営に最適なプラットフォームの姿を提言いたします。

17:20 ~ 17:30
閉会のご挨拶

※お申し込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
※同業他社の方のお申込みにつきましてはお断りさせていただきます。
※会場では記録のため写真・動画の撮影を行う場合があります。もし差し支えるような場合には、その旨スタッフまでお申し付けください。

お問い合わせ
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 企画統括部
セミナー事務局(木本)
cuvic-info@ctc-g.co.jp
03-6420-4890