ホーム > イベント&セミナー > DXに備える!SAP S/4HANAマイグレーションのすすめ
イベント・セミナーバナー

 

メーカ保守終了(2027年)を迎えるSAP ERP(ECC6.0)をご利用の企業のご担当者がSAP S/4HANAへのマイグレーション(移行)を検討する際に最適なWEBセミナーです。


企業の成長をかけて、大企業だけでなく中堅・中小企業にもデジタル・トランスフォーメーション(DX)は必要に迫られているなか、DX推進を視野に入れた最適なSAP ERPマイグレーション方式を検討することが課題となっております。


SAP S/4HANAへのマイグレーションにはリビルド(作り直し)とコンバージョン(変換)の2通りのアプローチがあります。


この2つの手法それぞれの事例紹介を交えつつ、これまでのSAP S/4HANA移行・導入プロジェクトの知見から具体的にわかりやすくお伝えいたします。

開催情報

 セミナー名

DXに備える!SAP S/4HANAマイグレーションのすすめ
~マイグレーションを成功に導く2つのアプローチとは~

 

 セミナー概要

  • SAP S/4HANAへの移行アプローチ、リビルド(作り直し)とコンバージョン(変換)について解説します。
  • SAP ERPをご利用中の企業様が抱えるSAP S/4HANAへの膨大なコンバージョンコストへの課題を解決する、SAPデータ登録ツール「MALSY(マルシー)」をご紹介します。
  • SAP ERPをクラウド基盤(IaaS)へ移行させた企業が、その判断の決め手となったポイントをお伝えします。

 

 セミナーの見どころ聞きどころ

  • SAP S/4HANAへのマイグレーションを検討しているSAPユーザにとって他社事例や方法論等参考になる情報を得ることができます。

  • SAPデータ登録の効率化を可能にするツールの情報を得ることができます。

  • SAP エンハンスメントパッケージ(EhP)のEOSL情報の整理に加えて、SAP ERP以外の各種ソフトウェア(OSDBEhP)など、SAP ERPシステム全体のサポート期間(EOSL)を把握することができます
  • SAP ERPをクラウド基盤(IaaS)へ移行させた企業が、その判断の決め手となったポイントをお伝えします。

 

 次の方におすすめ

  • SAP ERP(SAP ERP6.0など)をご利用中で、SAP2025年(2027年)問題に直面している業務部門担当者様、もしくはIT部門のご担当者様

  • SAP ERP(SAP ERP6.0など)をご利用中で、OSのEOSL対応などによるシステム更改を機に新たなIT基盤を検討しているIT部門のご担当者様

 

 日時

2022年1月27日 (木) 15:00 - 16:00(Web開場 14:45

 

 Web セミナー参加方法

当日の Web セミナー参加方法は、お申込みいただいた方に、メールにてご連絡致します。

 

 定員

50名

 

 共催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

 

 参加費

無料 (事前登録制)

 

 備考

  • プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
  • お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

プログラム

15:00 - 15:40

DXに備えるSAP S/4HANAマイグレーションのすすめ
~SAP S/4HANA移行を成功に導く2つのアプローチとは~


三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
産業・サービス事業管掌 産業第一事業部
製造システム第二部 第四課 課長
須間 裕一

 

SAP S/4HANAへの2つのアプローチ、リビルド(作り直し)orコンバージョン(変換)を決める際の判断ポイントとそれぞれの内容を事例を交えて解説します。

 

また、SAP S/4HANAへの膨大なコンバージョンコスト課題を解決する、SAPデータ登録ツール「MALSY(マルシー)」をご紹介します。

 

\本セッションの見どころ聞きどころ/

  • SAP S/4HANAへのマイグレーションを検討しているSAPユーザにとって他社事例や方法論等参考になる情報を得ることができます。 
  • SAPデータ登録の効率化を可能にするツールの情報を得ることができます。


15:40 - 15:50

SAP基幹システム特化型クラウド CUVICmc2のご紹介


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウド・セキュリティサービス本部
エンタープライズクラウド営業部
水沼 亜利紗

 

SAP ERPに最適化されたクラウド基盤「CUVICmc2」を採用した企業の約9割がSAP ERPの稼働環境として利用しています。なぜSAPユーザーに選ばれているのか、CUVICmc2サービスの特徴を交えながら解説してまいります。 

 

\本セッションの見どころ聞きどころ/

  • SAP エンハンスメントパッケージ(EhP)のEOSL情報の整理に加えて、SAP ERP以外の各種ソフトウェア(OS・DB・EhP)など、SAP ERPシステム全体のサポート期間(EOSL)を把握することができます。 

  • SAP ERPをクラウド基盤(IaaS)へ移行させた企業が、CUVICmc2を採用するに至った決め手をお伝えします。 

<SAP ERPに最適化されたクラウド基盤CUVICmc2の特徴>

  • 安定稼働や性能の保証

  • セキュリティの担保

  • TCO削減

 

15:50 - 16:00

質疑応答

お申込み

CUVICmc2 とは

イベント・セミナーバナー

 

CUVICmc2は 従来のクラウドでは不十分であった基幹システムならではの安定性・堅牢性を十分に満たしたIT基盤を、システムリソースの実使用量に基づく従量課金により、低コストでかつ柔軟にご利用いただけるIaaSです。

SAP BASISを含むミドルウェア運用をメニュー化するなど、CUVICmc2のサービスメニューは SAP ERP に最適化されており、SAP S/4HANA を始めとした重要システムの稼働先として、中堅から大企業まで業界を問わずさまざまな企業の基幹系システム(本番系含む)にご採用いただいています。

お問い合わせ

本件に関するご質問、ご不明な点については、下記よりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


お問合せボタン