ニューノーマル時代に求められる
経理業務の高度化・効率化に向けたDX技術活用術とは?


DXへの対応が進んでいる中、新型コロナウイルスの影響でDXの推進にさらに拍車がかかっています。

DX への対応力を持ったSAP S/4HANA のケイパビリティを中心に、アナログからデジタルへの変革を促すDX を活用した経理業務の効率化やペーパーレス・電子化対応など事例を交えて紹介します。

開催情報

 セミナー名

ニューノーマル時代に求められる経理業務の高度化・効率化に向けたDX技術活用術とは? 

 次の方におすすめ

SAP新規導入検討中のIT部門/経営企画部門/経理部門に関わるご責任者様・ご担当者様

 

 日時

2020年12月09日(水)<終日閲覧が可能です>
2020年12月15日(火)<終日閲覧が可能です>

※両日ともに同じ内容です。

 

 会場

Webセミナー
※当日の Web セミナー参加方法は、お申込みいただいた方に、前日までにメールにてご連絡いたします。

 

 主催

株式会社電通国際情報サービス

 

 協賛

SAPジャパン株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、富士ゼロックス株式会社

 

 参加費

無料(事前登録制)

 

 備考

  • プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
  • 個人の方、主催の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。
お申込はこちら
※クリック後、セミナー主催者サイトに遷移します。

プログラム

  

セッション1

『最先端デジタルテクノロジーが経営管理や経理業務に与えるインパクトとは』

 

SAPジャパン株式会社
デジタルエコシステム統括本部 パートナー・ソリューション・センター シニアマネージャー 渡井 哲氏

 

日本は、今、海外のデジタルディスラプターによる産業構造そのものの変革が起き、また、日本独自に抱えている課題(高齢化社会、IT人材不足、デジタル競争後進国など)、更には新型コロナウイルスにより、過去の働き方や生活様式が通用しないニューノーマル時代に突入しました。

 

しかし、これは日本が乗り遅れているデジタル化を加速させるチャンスでもあります。

 

経営・経理管理についても、CEO/CFOが抱える課題解決手法としてデジタルテクノロジーを取込み、経理部門の働き方を含めてDXが進み始めています。そのインパクトを事例を通じてご紹介いたします。


セッション2

『SAP S/4HANAを基盤とした 経理業務の高度化・効率化に向けたDX活用術とは?』


株式会社電通国際情報サービス
エンタープライズIT事業部 EITコンサルティング1部 コンサルタント


DXへの対応が進んでいる中、新型コロナウィルスの影響でDXの推進がさらに拍車がかかっています。経理業務においてもペーパーレス化、属人化の排除と業務効率化、経営の見える化への対応などDX技術活用の機運が高まっています。DXへの対応力を持ったSAP S/4HANAのケイパビリティに加え、経理業務の高度化・効率化に向けたデジタル技術活用術について、実際の事例を交えながら経理業務のプロフェッショナルであるISIDがご紹介いたします。

   

セッション3

『デジタルな経理業務を支えるためのクラウド選定方法とは?』


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
エンタープライズクラウド営業部 大野 一樹

今後2025年の崖を飛び越えるべく、経理業務についてもデジタル化が促進されることは明白です。
デジタル化をすることで経理業務の中には、今以上にITシステムが包括されることとなり、業務継続できるシステムであることが不可欠となります。一方、クラウドファーストが叫ばれる中、各種クラウドでの障害や停止のニュースが日々見受けられることも事実です。本セッションでは、「クラウドファースト時代にどう事業継続をするか」という観点でのクラウド基盤選定方法をご説明いたします。

 

セッション4

『〜請求業務のDX化〜 請求書処理クラウドサービスのご紹介』


富士ゼロックス株式会社
アドバンスドインダストリアルサービス事業本部
デジタルプラットフォーム部 BP事業推進グループ グループ長 菊地 聡子氏

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大抑止策としての緊急事態宣言を境に、働き方はテレワークへと一気にシフトしました。そこで、経理部における請求書業務の在宅勤務・テレワークを支援する、富士ゼロックスの請求書処理のクラウドサービスをご紹介し、請求書業務の効率化に留まらず、業務全体の最適化が図れるポイントをお伝えします。

 

お申込み

 

お申込はこちら
※クリック後、セミナー主催者サイトに遷移します。

お問合せ

本件に関するご質問、ご不明な点については、下記よりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


お問合せボタン