イベント・セミナーバナー

 

- 2020年9月8日(火)開催 -

 

企業規模が大きくなるほど、自社のニーズを満たせる単一のクラウド基盤(IaaS)ベンダーを見極めるのは至難の業となります。 

そのため、オンプレミス、クラウド問わず最適なIT基盤を選定して組み合わせるアプローチ(マルチクラウド)を追求し続けることは、メガベンダーなどによるロックインを避けることも含めて、とても理にかなっているようにみえます。

 

しかし、オンプレミスと複数のクラウドサービスが混在したシステムには、その状態となって初めて直面する運用課題も多いのではないでしょうか? 

その意味ではマルチクラウドが「求めるもの」よりもむしろ「結果としてなってしまった状態」と表現したほうが適している事例は今後ますます増えていくことは必至なのかもしれません。

 

本セミナーを主催する伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、上場企業における クラウド基盤(IaaS)への取組み状況の確認、IaaSへの移行の対象システム、問題点、懸念点の把握を目的に、昨年度は2回に渡り調査会社に依頼して意識調査(アンケート調査)を実施し、まさに今現在、昨年度と同様の内容で3回目のアンケート調査300名の対象者向けに進めています。

 

本セミナーでは、マルチクラウドの運用設計を担うチームを率いるサービス企画開発のスペシャリストが最新の意識調査結果を、昨年度に実施した調査結果との比較を交えながら解説してまいります。 

他社のIaaSへの取り組み状況や、IaaSへの移行の対象システム、問題点、懸念点をわずか30分の時間で把握していただくことができるWebセミナーです。

ぜひ、自社のIT投資計画やIT基盤のロードマップ策定などにお役に立てください。

 

また、Webセミナー終了後もしくは開催日以降に、本セミナーの講師とマルチクラウド運用にまつわる個別の意見交換を実施いただけますので、希望者は以下セミナー申込フォームにて講師との個別の意見交換会に「希望する」を選択ください。

開催情報

 セミナー名

「With コロナ」におけるマルチクラウドへの意識の変化|意識調査の結果とは?【Webセミナー】
~ 上場企業のIT部門責任者300名にIT基盤のクラウド化への取り組みとマルチクラウド運用への課題について聞きました ~

 

 セミナー概要

上場企業にお勤めになっている、情報システム部門(およびそのシステム選定に関与する)の管理職・主任・リーダー以上の300名を対象に、以下を目的とした意識調査の結果を解説いたします。

 

  • 「クラウド環境」への取組み状況の確認
  • クラウド環境」への移行対象システム、問題点、懸念点の把握
    ※調査実施時期: 2020年8月
    ※調査方法: 調査会社を介したWebアンケート

 

 参加メリット

  • 他社によるIaaSへの取り組み状況や、IaaSへの移行の対象システム、問題点、懸念点などを把握することが可能です
  • わずか30分という短時間のセミナーですので、業務への影響を最小限におさえて市場動向を把握することができます。
  • セミナー終了後もしくは開催日以降Web会議ツールを介した個別の「意見交換会」を設けておりますので、マルチクラウド運用のスペシャリストとの意見交換や質疑応答を実施いただけます。

 

 次の方におすすめ

  • 情報システム部門のリーダクラス以上の方
  • 自社のIT投資計画に影響力を持ち、自社の中長期構想にIT基盤のマルチクラウド化を想定している方
  • 自社のIT基盤ロードマップ策定に課題を持たれている方

 

 定員

50名

 

 日時

2020年09月08日(火)14:00 - 14:35(Web開場 13:45)

 

 Webセミナー参加方法

当日の Web セミナー参加方法は、お申込みいただいた方に、メールにてご連絡致します。
※本セミナーではZoomを利用いたします

 

 主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

 

 費用

無料 (事前登録制)

 

 備考

  • お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。
  • 主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。

プログラム

14:05 - 14:35

「With コロナ」におけるマルチクラウドへの意識の変化|意識調査の結果とは?
~ 上場企業のIT部門責任者300名にIT基盤のクラウド化への取り組みとマルチクラウド運用への課題について聞きました ~ 


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画・開発部 サービス企画課
課長 大塚 謙輔

 

伊藤忠テクノソリューションズは、上場企業における クラウド基盤(IaaS)への取組み状況の確認や、IaaSへの移行の対象システム、問題点、懸念点を把握することを目的に、昨年度は2回に渡り調査会社を介して意識調査(アンケート調査)を実施し、まさに今現在、昨年度と同様の対象者300名と同様の目的で3回目の意識調査を進めています。

本セミナーでは、マルチクラウドの運用設計を担うサービス企画開発者が最新の意識調査結果を、昨年度の調査結果との比較を交えながら解説してまいります。

他社のIaaSへの取り組み状況や、IaaSへの移行の対象システム、問題点、懸念点をわずか30分の時間で把握していただくことができるWebセミナーです。


<本セッション講師のご紹介>

9-22222.png


大塚がサービス企画開発に関わったCTCクラウドについては、採用した企業へのインタビュー記事を参照くださいこちら

 

< 本セッションのメリット >

★ 他社によるIaaSへの取り組み状況や、IaaSへの移行の対象システム、問題点、懸念点などを把握できます
★ わずか30分という短時間のセミナーですので、業務への影響を最小限におさえることができます
★セミナー終了後もしくは開催日以降にWeb会議ツールを介した個別の「意見交換会」を設けておりますので、マルチクラウド運用への有識者と意見交換や質疑応答を実施いただくことが可能です

※本イベントのお申込み受付は終了しました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました。

お申込み

お問い合わせ

本件に関するご質問、ご不明な点については、下記よりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


お問合せボタン