ホーム > イベント&セミナー > SAP ERPのユーザーインタフェースを最適化【Webセミナー】
イベント・セミナーバナー

 

- 8月27日(木)開催 -

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

 

 

2020年2月、SAPはSAP ERP6.0のメインストリームメンテナンスを2年延長すると発表しました。

SAPの「2025年問題」は「2027年問題」となり、2年の猶予がもたらされることになったのです。

しかしこれは単なる「アップグレードの猶予期間」ではなく、これからのエンタープライズシステムのあり方を見据えながら、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX(デジタル変革))を推進するための基盤を確立するための期間だといえるでしょう。


SAP ERPのユーザビリティ向上は企業の生産性向上へも直結する重要課題です。

 

一方で、アドオンをなるべく少なくし、ERPの保守性やバージョンアップによる拡張性を維持すべきという考え方も、DXへの対応を迫られる現在の企業にとって避けられない重要テーマです。

 

今回のセミナーではSAP ERPのユーザーインターフェースをアドオン開発ゼロで最適化し、劇的なユーザビリティ向上を実現した企業のビフォー&アフターをご紹介いたします。

 

加えて、そのユーザビリティ向上を短期間、低コストで実現した「Liquid UI」の機能や仕組みも合わせて事例やデモを交えてご紹介いたします。保守性・拡張性を犠牲にしない本当の意味でのユーザビリティ向上をぜひご覧ください。

 

< 約1時間の本セミナーを受講することによって得られるもの>

 

★ ユーザーインターフェースの最適化で、わかりやすく目に見える成果を実現させる方法
 低コストかつ短期間でユーザビリティの向上させる方法
★ 将来のユーザニーズの変化にも柔軟に対応できる基幹システムの構築方法
★ SAP ERPをクラウド基盤(IaaS)へ移行させた企業が、その判断の決め手となったポイント

 

 本セミナーで紹介するするユーザーインタフェース最適化ツールの使用イメージ例 


p20200701a01.jpg

開催情報

 セミナー名

SAP ERPのユーザーインタフェースを最適化セミナー【Webセミナー】
~アドオン開発ゼロ!保守性・拡張性を犠牲にしない、本当の意味でのユーザビリティ向上とは~

 

 セミナー概要

  • アドオン開発ゼロでユーザーインターフェースを最適化し、劇的なユーザビリティ向上を実現した企業のビフォー&アフターをご紹介いたします
  • 現在お使いのSAP ERPのユーザビリティ向上を短期間、低コストで実現した「Liquid UI」の機能や仕組みを事例やデモを交えてご紹介いたします
  • 将来のユーザニーズの変化にも柔軟に対応できる基幹システムの構築方法
  • SAP S/4HANAに最適化したクラウド基盤(IaaS)のご紹介

 

 参加メリット

  • ユーザーインターフェースの最適化で、わかりやすく目に見える成果を実現させる方法をご理解いただけます。
  • 低コストかつ短期間でユーザビリティの向上させる方法をより具体的にご理解いただけます。
  • 将来のユーザニーズの変化にも柔軟に対応できる基幹システムの構築方法への理解を深めることができます。
  • SAP ERPをクラウド基盤(IaaS)へ移行させた企業が、その判断の決め手となったポイントをご理解いただけます。

 

 次の方におすすめ

  • SAP ERPをご利用中で、ユーザビリティに課題がある企業の経営企画や業務部門、情報システム部門のリーダクラス以上のご担当者様
  • SAP S/4HANAへのバージョンアップ(SAP 2027年問題)を検討中でアドオン資産を減らしたいとお考えのご担当者様
  • SAP ERP以外からの基幹システム刷新を検討中で、SAP S/4HANAも一つの候補としている経営企画や業務部門、情報システム部門のリーダクラス以上のご担当者様
  • SAP ERP(SAP ERP6.0など)をご利用中で、OSのEOSL対応などによるシステム更改を機に新たなIT基盤を検討しているIT部門のご担当者様

 

 日時

2020年8月27日 (木) 14001505(Web開場 13:45)

 

 Web セミナー参加方法

当日の Web セミナー参加方法は、お申込みいただいた方に、メールにてご連絡致します。
※他の参加者にはお名前やご自分の顔や声が伝わるということはございませんのでご安心ください

 

 定員

50名

 

 主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

 

 協賛

Synactive, Inc.

liquid_logo_blue_registered_high_res_2.png

 

 参加費

無料 (事前登録制) 

 

 備考

  • プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
  • お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

プログラム

14:05 - 14:50

SAP ERPのユーザーインタフェースを最適化
~アドオン開発ゼロ!保守性・拡張性を犠牲にしない、本当の意味でのユーザビリティ向上とは~


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
流通事業グループ
ERPソリューション推進部 横田 圭輔

 

SAP ERPのユーザビリティ向上は企業の生産性向上へも直結する重要課題です。

 

一方で、アドオンをなるべく少なくし、ERPの保守性やバージョンアップによる拡張性を維持すべきという考え方も、DXへの対応を迫られる現在の企業にとって避けられない重要テーマです。

 

今回のセミナーではSAP ERPのユーザーインターフェースをアドオン開発ゼロで最適化し、劇的なユーザビリティ向上を実現した企業のビフォー&アフターをご紹介いたします。

 

加えて、そのユーザビリティ向上を短期間、低コストで実現した「Liquid UI」の機能や仕組みも合わせて事例やデモを交えてご紹介いたします。保守性・拡張性を犠牲にしない本当の意味でのユーザビリティ向上をぜひご覧ください。

 

 本セッションの見どころ

    • ユーザーインターフェースの最適化で、わかりやすく目に見える成果を実現させる方法

    • 低コストかつ短期間でユーザビリティの向上させる方法

    • 将来のユーザニーズの変化にも柔軟に対応できる基幹システムの構築方法

14:50 - 15:00

SAP基幹システム特化型クラウド CUVICmc2のご紹介



伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITサービス事業グループ
エンタープライズクラウド営業部 主任 金澤 賢治

 

SAP ERPに最適化されたクラウド基盤「CUVICmc2」を採用した企業の約9割がSAP ERPの稼働環境として利用しています。なぜSAPユーザーに選ばれているのか、CUVICmc2サービスの特徴を交えながら解説してまいります。

 

 SAP ERPに最適化されたクラウド基盤CUVICmc2の特徴

    • 安定稼働や性能の保証

    • セキュリティの担保

    • TCO削減

お申込み

お問い合わせ

本件に関するご質問、ご不明な点については、下記よりお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。


お問合せボタン