ホーム > イベント&セミナー > 【大阪】SAP ERPのインフラ構築セミナー 181213
【大阪】SAP ERPのインフラ構築セミナー

~クラウド選定やインフラ構築の勘どころ~

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

 

開催概要

 

次世代ERPとして知られるSAP社のSAP S/4HANAが稼働する基盤インフラを検討する際、オンプレミス・クラウドに関わらず、SAP HANAの特性を十分に配慮する必要があります。SAPジャパンと伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は各分野のエキスパートと共同で、仮想環境におけるインメモリデータベース「SAP HANA」の可用性の向上とDR(ディザスタリカバリー)、データバックアップに関する検証を実施しました。

本セミナーではCTCが先駆けて検証した3つのポイントを明らかにいたします。

◆SAP HANAの冗長化ついて、HAクラスタソフトとSAP HANA System Replicationを組み合せることで、高い可用性が得られる。

◆SAP HANAのクラウドベースのDRについて、復旧時間を短縮する場合は SAP HANA System Replication、コストを抑える場合は、ホットスタンバイのDRが可能なサードパーティ製バックアップソフトが適している。

◆SAP HANAのデータバックアップについて、SAP HANA標準バックアップの機能が短時間でバックアップを取得できるという点、重複排除の機能を持つ サードパーティ製バックアップソフトを使用すればバックアップデータの削減ができる。

本セミナーではその検証結果をわかりやすく解き明かし、SAP S/4HANA基盤構築の検討に役立つ以下のノウハウを提供いたします。 

1.SAP S/4HANAインフラ構築における検討ポイント 
2.大容量SAP HANAにおける冗長性・バックアップ・DRの検証結果
3.検証を踏まえたSAP HANAの仮想・クラウド環境における可用性・バックアップ・DRの勘所

ご対象の方

エンドユーザー向けにSAP ERPを提案するSAPパートナーの方
既存SAP(SAP ERP6.0など)ユーザーで、システム更改を機に新たなIT基盤を検討しているご担当者様
SAP S/4HANA 新規導入を検討中のご担当者様 

お申込はこちら

開催情報

■日時

2018年12月13日 (木)14:30 - 17:35(受付開始 14:00)


■会場

 

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 大阪オフィス 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ノースゲートビルディング(受付 19階)

 

CTC大阪オフィス マップ

 


 

■定員

30名 (申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。)


■費用

無料 (事前登録制)


■主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社


■共催

SAPジャパン株式会社


■協力

Commvault Systems Japan株式会社


■備考

※プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
※お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。また、主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※会場では記録のため写真・動画の撮影を行う場合があります。もし差し支える場合は、その旨スタッフまでお申し付けください。

プログラム

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

14:30 - 15:10
SAP S/4HANAインフラ構築における検討ポイントと効率的なSAPシステムランドスケープ管理ソリューションのご紹介 

SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部
デジタル・エンタープライズ・プラットフォーム部
シニア・ソリューション・スペシャリスト 渡辺 清英
 

クラウド化の浸透とともにアプリケーションやシステムのデプロイメントオプションも多様化して いる今日、SAPシステムのためのインフラ構築も複雑化の一途をたどっています。 本セッションでは、S/4HANAのデプロイメントオプション、SAP HANA の高可用性(HA/DR)や拡張性オプシ ョンなどのインフラ構築における検討ポイント、およびハイブリッド環境におけるSAPシステムランドスケープ を効率的に管理するためのソリューションについてご説明します。 


15:10 - 16:00
大容量メモリHANAの仮想/クラウド環境における可用性・バックアップ・DRの勘所

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
CUVICサービス運用統制チーム
田中 伸一
 

近年、アプライアンスが当たり前であったSAP HANAは、仮想環境やクラウド(IaaS)環境上でも数TBクラスまで本番のSAP HANAがサポートされ、その活用が増加しています。本セッションでは、非機能要件である可用性・保全性(Disaster Recovery・バックアップ)について、9社で共同検証を行った結果について解説いたします。

16:10 - 16:50

CommvaultによるHANAのバックアップ/リカバリ、クラウドへのDRおよび移行手法

Commvault Systems Japan株式会社
セールスエンジニアリング
Principal Systems Engineer 渡邉 健一氏


今も昔も必要な「バックアップ」ですが、SAP HANAをはじめとした新しいテクノロジーへの対応や法令遵守、またリストア、DR先としてオンプレミス環境ではなくクラウド環境の利用が増え、従来のバックアップ方式では対応できない状況が発生しています。本セッションでは、Commvaultがこのような状況をどう解決するかをご紹介いたします。


16:50 - 17:35 
SAP ERPをクラウド基盤(IaaS)で稼動させるときの勘どころ ~基幹システムのIaaS利用に対する課題の最新の傾向~
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部
部長代行  神原 宏行

 

「SAP S/4HANA」を始めとするSAP ERPの稼働環境として、クラウド基盤(IaaS)を採用した企業が共通して求める条件には、次の3つが挙げられます。

①安定稼働や性能の保証 
②セキュリティの担保 
③TCO削減

CTCでは2016年にこの条件を兼ね備えたクラウド(CUVICmc2)をリリースし、30社以上の基幹系システムの本番環境としてご利用頂いています。重要システムのクラウド化へ向けた検討ポイントや幾つかのお客様の導入事例を、サービス紹介を交えながら解説してまいります。

お申込み

 

※下部にフォームが表示されない場合はお手数ですがこちらからお申込ください

お問合せ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 ビジネスonIT事務局
 business-on-it@ctc-g.co.jp
 03-6420-4890