ホーム > イベント&セミナー > 【東京】なるほど納得!SAP S/4HANAのインフラ構築セミナー 180725
【東京】なるほど納得!SAP S/4HANAのインフラ構築セミナー

~可用性・バックアップ・DR検証結果を分かり易く解説~

イベント・セミナーバナー

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

 

開催概要

次世代ERPとして知られるSAP社のSAP S/4HANAが稼働する基盤インフラを検討する際、オンプレミス・クラウドに関わらず、SAP HANAの特性を十分に配慮する必要があります。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、EMCジャパン株式会社、SAPジャパン株式会社、株式会社 クニエ、Commvault Systems Japan株式会社、サイオステクノロジー株式会社、シスコシステムズ合同会社、SUSE Japan(ノベル株式会社)、ヴイエムウェア株式会社、の8社と共同で、仮想環境おけるインメモリデータベース「SAP HANA」の可用性の向上とDR(ディザスタリカバリ)、データバックアップに関する検証を実施しました。

本セミナーではその検証結果をわかりやすく解き明かし、SAP S/4HANA基盤構築の検討に役立つ以下のノウハウを提供いたします。

1.大容量SAP HANAにおける冗長性・バックアップ・DRの検証結果
2.検証を踏まえたSAP HANAの仮想・クラウド環境における可用性・バックアップ・DRの勘所
3.SAP HANAの可用性を更に高めるポイント

ご対象の方

新任CIOIT部門リーダーの方
既存SAP(SAP ERP6.0など)ユーザーで、システム更改を機に新たなIT基盤を検討しているご担当者様
SAP S/4HANA 新規導入を検討中のご担当者様

お申込はこちら

開催情報

■日時

2018年7月25日 (水) 14:00 - 17:00(受付開始 13:30)


■会場

SAPジャパン本社 東京都千代田区麹町1-6-4 SAPジャパンビル


>


■定員

50名 (申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。)


■費用

無料 (事前登録制)


■主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社


■共催

SAPジャパン株式会社


■協力

EMCジャパン株式会社
株式会社クニエ
Commvault Systems Japan株式会社
サイオステクノロジー株式会社
シスコシステムズ合同会社
SUSE Japan(ノベル株式会社)
ヴイエムウェア株式会社


■備考

※プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
※お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。また、主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※会場では記録のため写真・動画の撮影を行う場合があります。もし差し支える場合は、その旨スタッフまでお申し付けください。

プログラム

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

14:00 - 14:05

9社共同検証の経緯

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部
部長代行 神原 宏行


14:05 - 14:20
検証環境「CO-Innovation Lab Tokyo」のご紹介

SAPジャパン株式会社
Co-Innovation Lab Tokyo(協同研究開発センター)
シニアディレクター 渡邊 周二

シスコシステムズ合同会社
パートナーシステムズエンジニアリング SAPコンピテンスセンター
テクニカルソリューションズアーキテクト 赤坂 知 氏

 

SAP HANAの冗長性・保全性検証を実施したSAPジャパン株式会社の協同開発検証センター「SAP Co-Innovation Lab Tokyo」とはどんな施設なのか?を明らかにします。

14:20 - 14:50

VMwareでSAP HANAを仮想化する

ヴイエムウェア株式会社
テクノロジーアライアンス担当部長 森田 徹治 氏

 

VMwareソリューションでSAP HANAを仮想化すると様々なメリットがありますが、SAP HANAをVMwareを使ったTDI(Tailored Datacenter Integration)環境で動かすには、SAPのサポート要件をクリアする必要があります。このセッションでは、VMware上のSAP HANAの動作環境について、SAPのサポート状況も含めて解説いたします。


14:50 - 15:00

休憩


15:00 - 15:50  9社共同検証報告 
大容量メモリHANAの仮想/クラウド環境における可用性・バックアップ・DRの勘所

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドサービス企画開発部
部長代行 神原 宏行

株式会社クニエ
テクノロジープリンシパル 蔵谷 和彦 氏

 

近年、アプライアンスが当たり前であったSAP HANAは、仮想環境やクラウド(IaaS)環境上でも数TBクラスまで本番のSAP HANAがサポートされ、その活用が増加しています。本セッションでは、非機能要件である可用性・保全性(Disaster Recovery・バックアップ)について、9社で共同検証を行った結果について解説いたします。  


15:50 - 16:00

休憩


16:00 - 16:30

CommvaultによるHANAのバックアップ/リカバリ、クラウドへのDRおよび移行手法

Commvault Systems Japan株式会社
セールスエンジニアリング
Principal Systems Engineer 渡邉 健一 氏

 

今も昔も必要な「バックアップ」ですが、SAP HANAをはじめとした新しいテクノロジーへの対応や法令遵守、またリストア、DR先としてオンプレミス環境ではなくクラウド環境の利用が増え、従来のバックアップ方式では対応できない状況が発生しています。本セッションでは、Commvaultがこのような状況をどう解決するかをご紹介いたします。


16:30 - 17:00

HANAの可用性を更に高めるポイント ~HAクラスターによるアプローチ~

サイオステクノロジー株式会社
第1事業部 BC事業企画部
プリセールス 西下 容史 氏

 

最近の傾向としてHANAの導入先に、従来のオンプレ環境ではなくクラウド(IaaS)環境が採用されるケースが増加しています。設備の整ったクラウド環境でも忘れてはいけないのが、システムの障害対策(可用性の担保)です。クラウド上でのSAP HANAの可用性を更に高める方法として、今回の9社共同検証で検証された、HAクラスターソフト「LifeKeeper」による対策のポイントを簡潔にご紹介いたします。ぜひご覧ください。

お申込み

 

※下部にフォームが表示されない場合はお手数ですがこちらからお申込ください

お問合せ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 ビジネスonIT事務局
 business-on-it@ctc-g.co.jp
 03-6420-4890