ホーム > イベント&セミナー > 受付終了|【東京】CTCクラウド基盤サミット 180711
CTCクラウド基盤サミット

多種多様なクラウドへの理解を深めて今後のIT戦略に役立てる半日

※本イベントのお申し込み受け付けは終了しました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

イベント・セミナーバナー

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

 

開催概要

24時間365日無停止が必須な基幹系システムでさえもクラウド上で稼働させる企業がますます増えています。もはやクラウド活用は業種やシステム種別を問わなくなりました。 先行ユーザは、次の活用フェーズに入っています。
クラウドの特徴を見極めて適材適所にクラウドを選定し、オンプレミスと連携させるハイブリッドクラウドへの取り組みが始まっています。

本イベントでは、これからクラウド化に取り組むご担当者様や、すでにクラウド化を実現したご担当者様向けに、最新動向への理解を深めるための以下お役立ち情報を提供いたします。  


1.ハイブリッドクラウド化への課題の整理
2.アマゾン ウェブ サービス(AWS)導入を検討するご担当者様に役立つ実装や移行の勘どころ
3.先行する欧米でのエンタープライズクラウドの最新動向(Stratoscale社CEO来日登壇)

ご対象の方

システム更改を機に新たなIT基盤を検討している方
仮想化環境に移行済みで次のIT基盤アーキテクチャを検討している方
クラウドへの理解を深めて次期IT基盤検討の参考にしたい方

お申込はこちら

開催情報

■日時 
2018年7月11日 (水) 13:00 - 17:20 (受付開始 12:00)

■会場

東京ガーデンテラス 紀尾井カンファレンス
http://conference.tgt-kioicho.jp/access/


■定員
200名 (申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。)

■費用

無料 (事前登録制)


■主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社


■協賛

アカマイ・テクノロジーズ合同会社
EMCジャパン株式会社
シスコシステムズ合同会社
ヴイエムウェア株式会社


■備考

※プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
※お申込み多数の場合は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。また、主催社の同業他社にお勤めの方のお申し込みはお断りさせていただきます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※会場では記録のため写真・動画の撮影を行う場合があります。もし差し支える場合は、その旨スタッフまでお申し付けください。

プログラム

★詳細をPDFで確認されたい方はこちらからダウンロードください

13:00 - 13:15

ご挨拶


13:15 - 13:55
結果としてのハイブリッドクラウド ~2018年の市場動向とクラウド化への課題の整理~

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
インテグレーションサービス企画開発部
部長 川田 聡

セッションの見どころ
 → これからクラウド化に取り組む企業向けの課題整理
 → すでにクラウド化を実現した企業向けの課題整理
 → クラウド化がより一層浸透する時代にて直面する課題とは

「ハイブリッドクラウド」というキーワードが多く聞かれるようになりました。

しかしそれは、具体的な価値への期待より「結果としてハイブリッドクラウド」になっているケースが多いのが実情ではないでしょうか?
運用・管理、セキュリティ、ネットワークなどの視点でIT基盤の課題を整理し、お客様のクラウド戦略に役立つ情報をお伝えいたします。


13:55 - 14:35

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を安全かつ最適に活用する方法

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
クラウドインテグレーション部
課長 江口 智

セッションの見どころ
 → AWS導入を検討する方にわかりやすく解説する実装・移行の勘どころ
 → エンタープライズ領域でAWSを安全に最適に利用する方法 


エンタープライズ領域でもAWSを使いたいという要望が高まっています。AWSは利用者側の責任範囲が明確であり、セキュリティの実装や移行設計・作業など、全て利用者側で設計し実装しなければなりません。エンタープライズ領域でAWSを安全に最適に利用する方法について、AWSプレミアコンサルティングパートナーCTCのAWSエキスパートがお話しします。


14:35 - 14:50

休憩


14:50 - 15:30 海外の注目ベンダー登壇
Re-imagining the Private Cloud for Cloud-Native Applications(同時通訳)

Stratoscale
FOUNDER & CEO
Ariel Maislos氏

セッションの見どころ
 → 一歩先を行く海外トレンドを把握


近年、海外で注目されるクラウド市場の新たな潮流とソリューションについてStratoscale社の最高責任者(CEO)より紹介します。

Stratoscale社について→『Stratoscaleは、オンプレミス環境下の企業データセンターにAWS互換のインフラストラクチャとサービスを提供し、クラウドネイティブアプリケーションを実行および拡張することにより、プライベートクラウド業界に革命を起こしています。』


15:30 - 16:00 ゲスト講演
マルチクラウドをシンプル&セキュアにする「ゼロ・トラスト」アーキテクチャ 

アカマイ・テクノロジーズ合同会社
マーケティング本部
シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャー 金子 春信 氏

セッションの見どころ
 → クラウド/モバイルの利用で変化するセキュリティの再検討
 → セキュアでシンプルなアプリケーションアクセス、リモートアクセス
 → モバイル時代の標的型攻撃、マルウェア対策の考え方


昨今、クラウドの普及によりビジネスが加速する一方で、新たな課題も見えています。ワークロードやロケーションが分散し、従来の境界セキュリティでは、リスク対策や管理が難しくなってきているのです。アカマイはこのような課題に対して、新たなセキュリティの境界をクラウドに置くことで、シンプルかつセキュアな「ゼロ・トラスト」アーキテクチャの実現を提言しています。本セッションでは「ゼロ・トラスト」を実現するアプリケーションアクセスのEAA、脅威対策のETPについてご紹介致します。 


16:00 - 16:10

休憩


16:10 - 16:40

ハイブリッドクラウド時代に求めたいデータセンターの新たな役割 ~“つなぐ・集める”その先にあるもの~

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITマネージドサービス企画開発部
課長 岩崎 敬介

セッションの見どころ
 → 複数クラウド、オンプレミスの利用が混在する事で生じるリスク・見える化の方法


オンプレミスからマルチクラウドへの連携といったハイブリッドクラウドで生じる「セキュリティリスクの増大」「ネットワークの複雑化」「リソース配分に対する課題」等を解決するためのアプローチについてCTCのデータセンターの取り組みを交えてご紹介します。 


16:40 - 17:20

そして、時代はマルチクラウドへ ~エンタープライズクラウドへの取り組みと最新検証について~

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
インテグレーションサービス企画開発部
部長代行 神原 宏行
エキスパートエンジニア 木島 亮

セッションの見どころ
 → ハイブリッドクラウドの実践的な実現イメージ 
 → 大規模環境に最適な無停止クラウド移行ソリューションの検証結果


クラウドの立ち上げを多数手掛けたトップアーキテクトが先の講演で挙げた「結果としてのハイブリッドクラウド」の課題に向けたCTCとしての取り組みを、先行公開します。さらに、基幹システムに最適化された特化型クラウドや、汎用的なVMwareを基盤とするプライベートクラウド環境下などで実施した最新検証の進捗や結果を共有します。クラウド移行を検討しているご担当者様だけでなく、すでにクラウド化を実現したご担当者様にも役立つ情報を発信いたします。

お申込み

※本イベントのお申し込み受け付けは終了しました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

お問合せ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 CTCクラウド基盤サミット事務局
 ctc-summit-1@ctc-g.co.jp
 03-6420-4890