ホーム > イベント&セミナー > 受付終了|【東京】勘所お伝えします! AI開発のための最新GPU基盤の設計・導入 ~AI市場の最新動向・事例、そしてAI開発基盤のいま~ 180301
勘所お伝えします! AI開発のための最新GPU基盤の設計・導入

~AI市場の最新動向・事例、そしてAI開発基盤のいま~

※本イベントのお申し込み受け付けは終了しました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

イベント・セミナーバナー

開催概要

 あらゆるビジネスにAIの導入・活用が進んでいますが、自社製品にAI技術を活用する際、コンピュータリソースの準備や学習データの準備に多くの時間を取られていませんか?

 ディープラーニングシステムは、ハードウェアとしてGPU(Graphics Processing Unit)を搭載した高性能なコンピュータが必要なのはもちろんのこと、ストレージ、ネットワークにも高い性能が求められます。また、ソフトウェアとして、ディープラーニングフレームワークやコンテナ技術による仮想化等も必要となります。 これらをデータサイエンティストが選定、動作確認し、想定するパフォーマンスが得られるかどうか、購入前に検証することは大変煩雑で多くの時間を要します。

 本セミナーでは、お客様が自社製品へのAI活用に集中できるよう、ディープラーニングの開発において必要なハードウェア・ソフトウェアを検証済、サイジング済の状態にしたAI開発基盤の『CINAPS(CTC Integrated AI Platform Stack)』をご紹介します。加えて、AIマーケットを牽引するマイクロソフトのエバンジェリストによるAI市場の最新動向・事例のご解説や、最新の Volta アーキテクチャを採用したGPUサーバ NVIDA DGX-1のご紹介など、AI開発をさらに加速させるヒントが詰まった内容となっております。

ご対象の方

実証事件が終わりAI開発の本格化を決定した製品開発部門の方
AI開発基盤の製品選択・設計に悩まれている方
複数のAI開発基盤が散在するため統合を検討している方
クラウド上でのGPU利用を検討されている方 

お申込はこちら

開催情報

■日時 
2018年3月1日 (木) 14:00 - 17:00 (受付:13:30)

■会場

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 霞が関オフィス(受付 20F)
千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル

kasumigaseki.gif


■定員
50名 (申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。)

■費用

無料 (事前登録制)


■主催

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社


■協賛

日本マイクロソフト株式会社


■備考

※プログラム内容や順序については変更になる場合がございます。
※主催・協賛の同業他社にお勤めの方、上記対象者以外の方、学生や個人の方のお申し込みはお断りさせていただきます。また、お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。

プログラム

14:00 - 14:10

ご挨拶


14:10 - 15:00
Microsoft テクノロジーストラテジストが語る! - AI最新動向 -

日本マイクロソフト株式会社
パートナー技術統括本部
パートナーテクノロジーストラテジスト 北垣 康成 氏


クラウドの普及と連動するように、AI、機械学習、ディープラーニングなどの言葉をよく目にするようになり、企業の経営層ですらも興味を示し始めています。そこで本セッションでは、小さく始めて大きくできるクラウドAIの勘所やハイブリッドで展開可能なエッジソリューションなど、AIをビジネスに活用したい方のための最新情報をデモを交えながらお伝えします。


15:00 - 15:50

エヌビディア  ディープラーニングソリューション・プロダクトのご紹介

エヌビディアAI コンピューティングカンパニー
シニア ソリューション アーキテクト
GPU コンピューティング 森野 慎也 氏


本セッションでは、エヌビディアのディープラーニング向けソリューション・製品を紹介します。ディープラーニングのトレーニングには、エヌビディアのGPUを広くお使いいただいております。Volta GPUをベースとしたTesla V100がGPUとなり、さらに性能向上が達成されています。また、Tesla V100を8枚搭載したサーバとしてDGX-1v、4枚搭載したワークステーションとしてDGX Stationも、お客様の手元に届いております。加えて、NVIDIA GPU Cloudにより、GPU向けに高度にチューニングされた、ディープラーニングフレームワークもPascal以降のGPUに対して、無償で、提供が開始されました。加えて、デプロイの際に用いる、高速な推論エンジンであるTensorRTも、利用可能です。これら、エヌビディアのディープラーニング向けプロダクト・ソリューションについて、皆様に、手軽に使っていただけるよう、ガイドさせていただきます。


15:50 - 16:40

AI開発を加速する、『ハイブリッドAI開発基盤CINAPS(CTC Integrated AI Platform Stack)』のご紹介

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
AIビジネス推進部長 照井 一由

 

「GPUサーバの設計・サイジングの肝は?」「AI開発に最適なストレージは何?」「クラウドのGPUって使えるの?」・・・。最先端技術が要求されるAI開発環境には、従来のIT基盤とは全く異なる設計思想が求められます。本セッションでは、CTCは過去のAIプロジェクトでの経験や、AIに特化した技術検証から培った「AI開発基盤設計の肝」をご紹介します。

お申込み

 

※本イベントのお申し込み受け付けは終了しました。
たくさんのお申し込み、ありがとうございました。

お問合せ

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
 ビジネス on IT 事務局
 business-on-it@ctc-g.co.jp
 03-6420-4890