適切なBIツールの選定方法と比較ポイントとは?
データ分析の考え方や実行環境によって、最適なBIツールは変わってくる

Women working

 

爆発的に増加する企業内データから知見を得るために様々なBIツールが提案されているが、どれも同じに見えると思っていないだろうか。データ分析の考え方や実行環境によって、最適なBIツールは変わってくる。

◎“見える化”から“将来の予測”へと進化するBIツール

皆さんもご存じのとおり、企業内データの利活用に対する機運が高まるにつれ、BIに関する新しい概念や製品が次々と現れている。ビッグデータ、ビジネスアナリティクスといった幅広い意味を持つ言葉が飛び交う業界では、実態がよく分からなくなる場面もあるだろう。そこでBIツールの選定においては、流行り言葉に惑わされず、自社でやりたい要件とツールが提供する機能を見定める必要がある。

BIツールとは、業務システムに蓄積した膨大な情報を分析し、意思決定に役立てるシステムを指す。従来のBIがカバーしていたのは主に、過去のデータを“見える化”する要件に関わっていた。定型レポート、非定型レポート、ドリルダウン、アラートといった機能が含まれる。さらに、近年のBIツールでは“将来の予測”に焦点が置かれている場合が多い。統計分析、モデリング、最適化といった機能を提供しているため、次のアクションプランを見出しやすい。

データ分析に関する要件は、利用するユーザーによって異なってくる。ユーザーが分析を行う目的と、必要な機能を合致させ、最適なBIツールを選択しなければならない。

  • 経営層:経営ダッシュボード、KPIの可視化
  • 企画担当:データマイニング、判別木
  • パワーユーザー:多次元分析、ドリルダウン、非定型分析
  • 一般ユーザー:定型レポート、条件指定、ダウンロード

BIツールによっては、目的によって異なる製品として販売されるケースもある。自社に必要な分析ニーズがいずれに当てはまるのかを特定するのが、BIツール選定の最初のステップだ。

エンタープライズBIとデータ・ディスカバリの比較

エンタープライズBIとデータ・ディスカバリの比較

Pocket

コメント