BIツールへの理解を進める!導入へのリスクを抑えるには?
BIツールを利用するメリット・デメリット

Women working

「BIツールが何をできそうかは知っているが、導入に向けて何から始めればよいか分からない」「導入して本当にBIツールが使えるのか」データ活用へ向けた実務的な疑問について考えてみよう。

◎必要な時に必要な情報を得るために

販売・財務データ、Webサイトのアクセスログ、コールセンターでの音声・映像データ、センサーデータなど、企業には様々な情報が保有されている。そこにあるデータを整理して知見を見出すのがデータ分析、データ活用と呼ばれる活動だ。ある調査によると、63%の企業が表計算ソフト(Excel)を使用してデータ分析を行っているという。しかし、Excelを中心としたデータ分析手法には限界があることが分かっている。

データ活用に関する問題については、「リアルタイムにデータを扱うための仕組みができていない」(40.4%)、「データ分析後の活用法を見出せない」(34.7%)、「大量データを扱える技術者がいない」(34.3%)といった課題が上位を占めた。さらに、「事業へ生かす全体の仕組みができていない。要求に応じて個別対応している」といった声も上がっている。

データ分析の知見を共有する手法として期待されているのがBIツールだ。BIツールは「企業のデータを収集・蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に役立てる手法や技術のこと」と定義される。直感的な操作で、必要な時に必要な情報を閲覧できるデータ分析の仕組みが提供されるのだ。

BIツールの活用例と利用者層ごとのメリットv2

BIツールの活用例と利用者層ごとのメリット

Pocket

コメント

「ビッグデータ」の最新記事

一覧へ

amazon-redshift

AWSを活用してデータ分析を導入しよう! Tableau×Amazon Reds…

最近では「ビッグデータ」という言葉も耳に馴染み、データを活用して売上向上やコスト削減に役立てられている事例も増えてきました。データ…

bigdate#1eyec

データ分析の現場でよく使われているツールをご紹介します ~組織のデータをいかに活…

国が企業に向けて重要性を発信するほど注目度の高いデータ分析。攻めのIT実現に向けて、データ分析の領域で代表的ツールとされている「S…

bigdate#1eyec

組織のIT、「攻め」に使えていますか? ~組織のデータをいかに活用するか~

国を挙げて提唱されている「攻めのIT活用」。グローバルスタンダードにもなりつつある、攻めのITツール活用について、踏むべきステップ…

data-mining

データマイニング入門。予測・分類・相関の分析によりビジネスに未知なる知見をもたら…

データマイニングは近年よく聞かれるようになった用語だが、実際、どのような手法があり、導入するには何が必要になるのだろうか。活用例を…

bigdata-data-driven-company

データドリブン企業ってどんな企業?

ある企業の社長は、今後はデータドリブン企業と呼ばれるようになりたいと表明した。あらゆる業界・企業で膨大なデータが扱われるようになっ…