Webアプリケーションの脆弱性診断の見落としがちな注意点とは

Webアプリケーションの脆弱性診断の見落としがちな注意点とは

 ビジネスに欠かせない存在となっているWebアプリケーション。

 DXを推進する上でも、重要な役割を果たすようになっていますが、一方でサイバー攻撃のターゲットにもなりやすく、脆弱性を抱えた状態では、セキュリティインシデントを生み出す危険性もあります。

 Webアプリケーションのセキュリティリスクを回避する上では、定期的な脆弱性診断が欠かせませんが、従来の脆弱性診断サービスには見落としがちな注意点があります。

 そこで本記事では、安全なWebサービスの提供に取り組まれている方々に向けて、Webアプリケーションの脆弱性診断の見落としがちな注意点を解説します。




▼ 目次
脆弱性の届出件数の7割はWebアプリケーション
Webアプリケーションの脆弱性診断の注意点とは
9,000ページにのぼるWebサイトを1週間で診た話題の脆弱性診断
これまで不可能だった「サイト全体の診断」も可能に





1. 脆弱性の届出件数の7割はWebアプリケーション

 Webアプリケーションとは、Webブラウザなどで動作するアプリケーションソフトウェアで、具体例としては下記などを指します。

  • YouTube等の動画再生
  • 入力フォーム
  • ショッピングサイトのカート


 つまり、WebアプリケーションはHTMLだけでは実現できない高度な機能を指します。

 このWebアプリケーションの数はDXの進展に伴い、急速な勢いで増えています。

 理由は、Webアプリケーションはビジネスの競争力を高める上で重要な存在になっており、開発サイクルも以前より短くなっているためです。


Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




 ここで課題となるのが、これらのWebアプリケーションのセキュリティの確保です。

 最近では企業を狙うサイバー攻撃が巧妙化しており、その入口として企業のWebアプリケーションが狙われることも増えています。

 セキュリティホールを放置したまま運用していれば、いずれは攻撃者の餌食になってしまい、マルウェア拡大などの踏み台にされる危険性があります。

 しかし開発サイクルのスピードが求められる中で、次々と新しいWebアプリケーションがリリースされるようになったことで、セキュリティの確保が十分ではないケースも少なくないようです。


Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)も、Webアプリケーションが抱えるセキュリティリスクの重要性を指摘しています。

 2021年7月に公表された「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況 2021年第2四半期、4月~6月(https://www.ipa.go.jp/security/vuln/report/vuln2021q2.html」によれば、脆弱性の届出件数もソフトウェア製品に比べてWebサイトの方が圧倒的に多く、その割合は約7割に上っています。

 Webアプリケーションの脆弱性は多岐にわたっており、これらを徹底的に潰していかなければ、なかなかゼロにはならないのです。


Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




 例えば訪問者に入力してもらうフォームページ。入力内容のサニタイズは、きちんと行われているでしょうか。

 これが不十分な場合には、SQLインジェクションによってバックエンドのデータベースに不正アクセスされたり、OSコマンドインジェクションによって不正なコマンドが実行される危険性があります。


 またGETメソッドの処理が不適切なサイトでは、そこにクロスサイトスクリプティングが仕込まれるかもしれません。


 さらにセッション管理を行っているWebアプリケーションの場合には、その不適切な管理がセッションハイジャックを呼び起こすことも考えられます。


Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは





 これらは全てよく知られた古典的な攻撃手法ですが、この程度のセキュリティ対策すらなされていないWebアプリケーションは決して少なくありません。

 Webアプリケーションの数が増えていけば、このような「セキュリティの死角」はさらに増えていくでしょう。

 そして攻撃手法はこれらだけではなく、他にも数多く存在します。

 全てを網羅したWebアプリケーションのセキュリティ対策は、決して簡単なものではないのです。






2. Webアプリケーションの脆弱性診断の注意点とは

 Webアプリケーションのセキュリティリスクを回避するには、定期的な脆弱性診断サービスが欠かせません。

 このWebアプリケーションの脆弱性診断とは、Webアプリケーションにセキュリティ的な問題が潜んでいるのか、第三者の視点から診断するサービスです。

 脆弱性診断によって、セキュリティの「死角」を発見でき、その後の対策に活かすことができます。

 しかし、従来のWebアプリケーションの脆弱性診断には利用する上での注意点があります。




2-1. 脆弱性診断の準備に、かなりの時間と労力が必要

 従来のWebアプリケーションの脆弱性診断は、セキュリティの有識者が手作業で診断するため、膨大な数のWebアプリケーションをすべてチェックすることができません。

 したがって、脆弱性診断を希望する企業は診断対象となるアプリケーションやページを、あらかじめ絞り込んでおく必要があります。

 絞り込みは利用企業側で行わなければなりませんが、その判断も簡単ではありません。

 何故ならば、Webアプリケーションの全体構成や、各ページの処理内容を開発者に聞く必要があるからです。


 外部に開発を委託した場合には、その会社に問い合わせしなければなりません。

 もちろん管理者が自力で仕様書を解析して判断する、といったアプローチも考えられますが、これもかなりの労力がかかります。

 実際には「そもそもどこをチェックすべきなのかがわからない」という管理者の方が多いのではないでしょうか。


Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




2-2. 脆弱性診断のコストが高く、内訳が複雑

 一般的なWebアプリケーションの脆弱性診断は、実施コストが高くなる傾向があり、その内訳の理解が難しい点も、脆弱性診断の注意点であると言えます。

 そのため予算確保のための稟議を通すの作業も簡単ではありません。

 さらに見積もり依頼にも注意が必要です。

 実際に見積り依頼をした際にリクエスト数を聞かれ、すぐには答えられなかったという事例も少なくありません。

  • リクエスト数とは
    • リンクやボタンを押下した際に発生するHTTPリクエストの数のこと
    • リクエスト数 = Webサイトに存在する内部リンクの数 + ボタン数の合計値
    • ただし、サイトの作りによっては1つのボタンを押した際にHTTPリクエストが複数発生するということもあるため、正確なリクエスト数を知るにはWebサイトへのアクセスが必須となる



Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




2-3. Webサイトの一部しか診断できない

 事前の絞り込みを諦めてサイト全体の診断を依頼した場合には、当然ながら高額な見積りとなります。

 人手による診断では作業が昼間に行われることが一般的なので、各Webアプリケーションの運用担当者との調整も必要です。

 この問題を回避するために夜間の診断作業を依頼した場合には、別料金になることも多いようです。

 こうした結果、コストとの兼ね合いから、Webサイトの一部しか診断できないといったケースに陥りがちです。

 そもそも、Webサイトの一部のみを対象とした診断は、脆弱性診断の見落としの危険性もあります。


Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




2-4. 診断結果が提出されるまでに時間がかかる

 診断も時間がかかるため、報告書を受け取るまでかなり待たされることになります。

 お取引先や監査会社から診断結果の提出を迫られている、或いは改修したWebアプリケーションのリリースを急ぎたい際に、担当者を悩ませます。



Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは






3. 9,000ページにのぼるWebサイトを1週間で診た話題の脆弱性診断

 えっ本当?と同僚にシェアしたくなるほどの実績を誇るWebアプリケーションに特化した脆弱性診断サービスがあります。

 その名は、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)が提供する「Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレス」です。

 Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレスは、前述した従来型の脆弱性診断が抱える課題を解決し、サイバー攻撃から企業のWebサイトを守るために、
2020年12月からサービスの提供を開始しました。

 事実、Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレスは、合計9,000ページにのぼるWebサイトの診断を、わずか1週間で完了させた実績があります。


 15年にわたり一般的な脆弱性診断サービスを提供してきたCTCは、その知見やノウハウを集約し、サイバー攻撃や脆弱性診断の有識者と高速で精密なAIを協業させることで課題を解消したのです。

  • お客様による診断対象の選定を不要に
  • 診断時間の短縮
  • コストの抑制
  • 料金体系の簡素化


 従来型のWebアプリケーション脆弱性診断と「Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレス」の比較をまとめた表が下記になります。

表 1. 従来型Webアプリ脆弱性診断との比較
Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




 まず注目していただきたいのが、AIを活用することで脆弱性診断の対象が、自動的に選定されることです。

 そのため利用企業側で事前に診断対象を絞り込む必要がありません。


 実際の診断作業と料金はFQDN単位となっているため、サイト全体をまとめて診断することも可能です。


 診断実施期間が5営業日と明確で、診断期間終了後には最短5営業日で報告書が提出されることも、大きなメリットだと言えます。つまり最短10営業日で、Webアプリケーションの問題をあぶり出すことができるのです。


 夜間の診断も基本料金に含まれるため、昼間のアクセス数が多い時間帯を回避できます。

 サービス内容がこれだけシンプルであれば、予算確保のための稟議や、各Webアプリケーションの担当者との調整も、容易になるはずです。

 Webアプリケーションの脆弱性診断を短期間でコストを掛けずに実施されたい企業は、以下よりWebアプリケーション脆弱性診断エクスプレスの詳細をご覧ください。



関連記事を読む






4. これまで不可能であった「サイト全体の診断」も可能に

 Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレスのメリットはシンプルさだけではありません。

 事前に診断対象を絞り込む必要がないということは、これまでは実施がほぼ不可能だった「Webサイト全体の診断」も可能になるということです。

 これは診断を受ける企業にとって、計り知れないメリットになると言えるでしょう。

 対象を限定せずに網羅的な診断が行えれば、より広くセキュリティリスクを低減できるからです。



Webアプリケーションの脆弱性の把握とリスクを最小化する方法とは




 従来型の脆弱性診断では、脆弱性が潜みやすいフォームを中心に、機能性の高いページを対象として診断を行うのが一般的でした。

 そのため、GETメソッドで情報を表示するだけのページや、メインページからのリンクを外した「非公開ページ」の診断は、ほとんど行われていません。

 しかし前述のように、GETメソッドの処理が不適切な場合にはクロスサイトスクリプティングの危険性があります。

 また管理者が非公開にしたつもりのページでも、過去にクローリングされていた場合にはそのキャッシュが残り、検索結果に表示される可能性があります。

 Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレスの診断項目は下記に対応しています。

  • Webアプリケーション・セキュリティに対する啓発のためのドキュメントである「OWASP Top10」
  • IPAの「安全なウェブサイトの作り方」


 これによってWebアプリケーションの脆弱性を網羅的にチェックできます。


 そのため、従来型の脆弱性診断では発見できなかった脆弱性も、発見しやすいのです。

 つまり、単にシンプルでスピーディというだけではなく、これまではほぼ不可能だったことが実現可能になるという点が「Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレス」の最大の価値だと言えます。

 Webアプリケーション脆弱性診断サービスの料金、サービス提供の流れ、診断レポートのイメージなどの詳細については、以下よりご欄いただけます。



関連記事を読む






まとめ

 本記事で述べたポイントをまとめると、以下のようになります。

  • DXの進展によるWebアプリケーションの増加に伴い、Webアプリケーションのセキュリティリスクも増大している
  • このようなリスクを回避するには、定期的にWebアプリケーションの脆弱性診断を受けるのが効果的であるが、従来型の脆弱性診断は下記の課題があった
    • 事前準備が大変
    • コストが高く内訳が複雑
    • Webサイトの一部しか診断できない
    • 診断結果が提出されるまで時間がかかる
  • こうした従来型の脆弱性診断の課題を解決できるのが「Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレス」
  • Webアプリケーション脆弱性診断エクスプレスは、人とAIが連携することで、Webサイト全体の診断報告を最短10営業日で実施可能であるとともに、料金体系もシンプルになっている
  • 実際に大規模サイトの脆弱性診断では、9,000ページの診断を1週間程度で完了させた実績がある


 Webアプリケーションの脆弱性診断は、最短5営業日でお見積、Webサイト全体を対象に診断でき、最短10営業日で報告書を提出できるWebアプリケーション脆弱性診断エクスプレスのご検討をお勧めします。



関連記事を読む



メルマガ配信のご登録はこちらから関連するセミナーやお役立ち情報をメルマガ配信します



著者プロフィール

著者アイコン
細川智美
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社在籍中 | 1. 現在の担当業務 : 脆弱性診断 | 2. これまでの担当業務 : セキュリティ運用支援 |4. 趣味 : 動物鑑賞 | 5. 好物 : お寿司

関連記事はこちら