OpenStack事例ホワイトペーパーを読み解く(後半) 

IMG_2458

前回に引き続き、OpenStack事例ホワイトペーパー”Top 10 Automotive Manufacture Makes the Business Case for OpenStack”をご紹介していきます。

このホワイトペーパーに登場する企業は “とある自動車メーカー” です。
全世界で注目度が増すカークラウド。

03 Solution Requirements
この企業は、組織横断するチームで共有されたデータ分割を可能にするクラウド基盤を必要としていました。
つまり組織を横断するDaaSを提供し、複数の情報元から実際に集め、解析したそのペタバイトのデータを提供する為にインフラ基盤を準備する必要があったのです。

企業はそれ以外の情報元、たとえばサービス部門が品質を管理しているように、製品から排出されるデータを解析する準備ができたのです。

データにはオンラインのフォームから得られる顧客情報に加えてTwitterやFacebookなどのソーシャルアカウント情報も含まれていました。これらの情報は顧客の感情を知るだけでなくブランドマーケティングの手法で良く知られる優先順位付けに寄与します。

企業は構造化されたデータ、そして非構造化データを多方面から解析し、データを保管、そして競合への優位性と製品開発、カスタマーインサイトを得たのです。

OpenStackを開発におけるライフサイクルのなかで、データ共有とオープンスタンダードを採用することだと考えていました。追記すると、この企業はコスト削減を実現し、地球規模でのデータ爆発とコンピューティングリソースの増加に対応する効率化を実現しました。

OpenStackを基盤としたクラウドで成功するためには、以下6つにカテゴリー分けされます。

Open Innovation/オープンイノベーション
各事業部による広範囲のアプリケーション群を準備する。集中管理することでコスト削減につながる。

Data Analysis/データ解析
各事業部のデータサイエンストにとっては、品質保証やR&D部門においてカスタマーインサイトを得ることで  競争上の優位性を得る。

Shared Data/データ共有
他部署と関連会社の組織全体がグローバルにDaaSへアクセスできること。

Agility/アジリティ
新規サービスを速やかに展開し、市場ニーズにこたえること。

Real-time/リアルタイム
車の品質問題や顧客に即時に回答する。これにはリアルタイムのデータを正確に判断することが含まれる。

Costs/コスト
費用効果が高いインフラ基盤やソフトウェアを作る。また膨大な量のデータ管理に関する費用を削減する。

 

次回は本ホワイトペーパーの補足事項をお送りします。

Pocket

コメント