OpenStack Summit Boston報告
アジャイル的なOpenStackへの道

openstacksummit2017

原文(英語)はこちら

日本では大型連休の最終日となった日曜日、2017年最初のOpenStack SummitとなるOpenStack Summit Bostonへ行ってきました。
前回のOpenStack Summitよりは減少したようにも思えますが、それでも5000人を超える技術者が各国からボストンに集まったのです。
オープンソースプロジェクトとしてはLinuxに次ぐ人気の高さが伺えます。

ここ数年の間にOpenStackに関するプロジェクトが成熟したことで、急成長よりも複雑化の縮小、新しい機能の追加からより小規模だが非常に重視されるプロジェクトに特化したグループにフォーカスされていました。
このフォーカスの変化は、私がかつて手がけたプロジェクトの一つである、802.11(無線LAN関連規格)で垣間見た「革命」に似通った部分があると感じました。

さてセッションの話をしていきたいと思います。Cephについて興味深い議論がありました。[1]
またneutron[2]、さらに Cockroach DB[3]、OVS、Barbican、Magnumなど多数のセッションを受講することができした。米軍より、軍に所属する隊員がサイバーセキュリティをどのように学習しているか、というセッションや[4]、KubernetesとNFVによる特別セッションがありました。これらのセッションも大変興味深く、KubernetesとNFVのセッションについては後編でレポートします。

パブリッククラウドにおいては、ドイツテレコムによるセッションより、OpenStackをベースとしたクラウドの話がありました。[5]
ドイツテレコムは世界中に点在するデータセンターを利用して、ハイブリッドクラウドを検討したい企業をターゲットユーザとして考えてAWSの優位性にチャレンジしました。非常に説得力があると思われるドイツテレコムの推論は、OpenStackのプライベートクラウドをすでに利用している企業において、パブリッククラウドを簡単に適用できることからOpenStackを導入するというものです。そうなると、ハイブリッドクラウド上のどこでもひとつのコードを書いて稼働させることを可能にします。
野心的ではありますが、成功ができるのかどうかはこれからです。
スペインに本社を置く通信事業者のテレフォニカも似通ったソリューションを実装していますが、ドイツテレコムはヨーロッパとアジア市場で成長することを目指し、テレフォニカは主にアメリカ市場での成長に重点をおいています。

機会学習に触れたセッションも印象深いものでした。特に、BrocadeのDavid Meyer氏は、ネットワーク構成への機械学習のアプリケーションの応用について非常に震撼させるプレゼンテーションを行いました。[6]
これは非常に有望な技術のアプリケーションですが、現時点では、入手可能な技術として機械学習に役立つネットワークモデルさえありません。Davidは、誰もがこのプロジェクトに参加できるよう機械学習が本当に必要とすることを深く掘り下げたのです。機械学習の力を迅速に活用しているように見える分野の1つが監視部門です。DynatraceやDatadog、Loomなどは機械学習を利用して非典型的なネットワーク動作を検出し、根本的な原因を特定します。Datadogのアプリケーションは、一時的なスパイク(異常値)をふるい落とすのに十分なほど優秀で、1週間未満の傾向により「予期される動作」を変更することはありません。Loomは機械学習を使用してGoogleと独自のデータベースを検索し、ユーザーに解決策を提供します。

Edward Snowden氏がOpenStack FoundationのCOOであるMark Collierとのインタビュー形式で最後の基調講演を行いました。 [7]
我々技術者に作成するソフトウエアとシステムは人間の監督のためではなく「人間の生活を改良するため」のものであることを改めて認識させてくれました。
非常にシンプルで明確なメッセージです。

私たちが毎日の仕事で決断を迫られたとき、どちらの道を選んだらよいか確かでないときのために、常に心得た方がよいメッセージなのでしょう。
日本語訳:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 加藤 美穂

著者プロフィール
氏名:Ruiz-Delgado Álvaro(ルイズ・デルガド アルバロ)
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
研究員としてLTE標準化のための3GPP代表を務め、特にMIMO通信の分野で
数多くの特許を保有している。
2016年より伊藤忠テクノソリューションズで最新技術を駆使した
顧客支援を実施。OpenStackやCI/CDにかかわるコンサルティングを得意とする。
Pocket

コメント