「OpenStackで実現するこれからのビジネスインフラ」セミナー参加レポート

openstack1118

2016年11月18日、東京・丸の内で開催されたOpenStackセミナーに参加してきました。参加者数限定で開催された本セミナーの様子を2回に分けてご報告していきます。

<開催テーマ>
今回のセミナーは「OpenStackで実現するこれからのビジネスインフラ」をメインテーマとして、「OpenStackの最新動向と活用の傾向」「これからのデータ管理」「OpenStackべからず集」「企業のDevOps戦略」という4つのセッションで構成されるものでした。今回は、最初のセッション「OpenStackの最新動向と活用の傾向 〜バルセロナサミットと国内の案件状況からみる社内基盤の方向性」についてご報告します。

<バルセロナサミットのレポート>
登壇者はCTCクラウドイノベーションセンターの中島 倫明氏。OpenStackに関する書籍の執筆も手がけている、OpenStackの第一人者です。本セッションでは、10月末にスペイン・バルセロナで開催されたOpenStack Summit Barcelonaの様子が紹介されました。OpenStackに関心を寄せる読者の方々の中には、今回のバルセロナでどんな発表がなされるか、気にされていた方も多いのではないでしょうか。

バルセロナで打ち出されたキャッチフレーズは「The World Runs on OpenStack」でした。世界中でOpenStackが使われ、多くのサービスがOpenStack上で稼働している。つまり、「世界はOpenStack上で動いているのだ!」というOpenStackコミュニティの実績と自信を表した、力強い言葉だと感じました。

中島氏からの報告で最も印象深かったことは、「今回のバルセロナサミットでは、これまでに開催されてきたOpenStackサミットとは異なり、新しいプロダクトが追加されて派手に盛り上がるような印象ではなかった」ということでした。OpenStack Summitでは、毎回恒例であるがごとく「新機能紹介」がなされ、プロダクトがどんどんと増えていく傾向がありました。
(このあたりのOpenStackの進化の歴史は前述記事をご覧ください。

現在、OpenStackの世界潮流は、「アーリーアダプターへの導入は一巡し、レイトマジョリティへの導入フェーズに入っている」という状況です。これまで最新技術を取り入れることに消極的な層にも、OpenStackは広く知られるようになり、「導入する技術要素の候補の一つ」として当然のように見られる立場になってきたのです。多くのオープンソース・プロダクトは、登場したばかりのときには「実績がないから」という理由で敬遠されることもありますが、OpenStackは「枯れてきた」、つまり、「十分な実績がある状況になってきた」、そういう認識が強くなってきたというわけです。

そして、バルセロナサミットでは、世界での導入事例として「金融」「メディア」「通信」「保険」「研究」の5分野、6事例が紹介されました。これだけ多くの業種で採用されるIT基盤となっていることで、まさに「The World Runs on OpenStack ― 世界はOpenStack上で動いている」ということをおわかりいただけるかと思います。

各事例の詳細な内容は割愛しますが、ポイントとなるのは以下の2つです。

・単なる基盤構築から、自動化やCI・CDへと注力ポイントが移行している
・Ansible(*1)等を使った「自動化」は「導入して当然」のレベルになっている

OpenStackを導入することが、仮想化基盤をはじめとしたIT基盤を構成するだけにとどまらず、開発者やサーバー管理者たちの働き方にも変革をもたらすパワフルなツールである、という認識が深まっている証拠と言えるでしょう。

*1: 最近注目を集めている構成管理ツール。同様のツールにChefやPuppetがある

次回サミットは2017年5月ボストンでの開催とアナウンスされました。導入事例がますます増え、プロダクトとしても更に進化を加速していくOpenStack。今後も目が離せません。

著者プロフィール
氏名:新村 繁行
株式会社カグラ 代表取締役
2003年よりインフラSE・PMOスタッフとして数多くの大規模基幹システムのインフラ設計・構築・運用プロジェクトに従事。
2014年より現職、フロントエンドエンジニアチームのマネジメントと、海外シェアハウスでITx英語xビジネスを教える人材育成プロジェクト「アクトハウス」を企画・運営する傍ら、テック系ライターとして活動中。
世界各国から楽曲をリリースする音楽プロデューサー/DJとしての顔も持つ。
Pocket

コメント