進化が止まらない「AWS」欲しかった“あの機能”が追加されました(1)「Amazon Athena」

amazon-athena-cover

昨年12月に開催されたAWS(Amazon Web Services)「re:Invent 2016」。そこで発表された新機能・新サービスの中から、「これ、欲しかったんだ・・・」と感じたものを「3つ」取り上げ、紹介するシリーズ第一弾。今回は、時間・コスト・技術的に厳しかった、従来のデータ分析環境の概念を覆す革新的なサービス「Amazon Athena」を取り上げます。

<re:Invent 2016で発表された新製品群>

2016年12月、アメリカ・ラスベガスで開催されたAWS(Amazon Web Services)最大のイベント「re:Invent 2016」は、約2万人もの出席者を集め、熱気に包まれたものでした。

 参加レポートはこちら ↓
https://www.business-on-it.com/aws-reinvent-2016-report/

今回開催では、新機能・新サービスの発表が合計で20以上もあり、ますます進化が止まらないAWSの勢いをまたしても見せつけられることになりました。

分析・アプリケーションサービス・人工知能(AI)・コンピューティング・データベース・デスクトップとアプリケーションのストリーミング・IoT・・・。新機能・新サービスが発表された領域の分類名を一見するだけでも、その幅広さを感じていただけるのではないかと思います。

本記事シリーズでは、re:Invent 2016で発表された新機能・新サービスの中から、「これ、欲しかったんだ・・・」と感じたものを「3つ」取り上げ、ご紹介します。

<データ分析を身近にする「Amazon Athena」>

データ分析に対する注目度は、日を追うごとに高まっています。保管されるだけで活用されることがなかったデータ。しかし、分析ツールを介することで、眠っていたデータは宝の山に見えてくる、と言われています。ウェブサーバーへのアクセスログ、問い合わせが来た際に蓄積される顧客データ、顧客から寄せられる様々な声、等々、読者の皆様の周りにも活用したいデータはたくさんあるはずです。

ただ、ニーズはあれど、データ分析をするための環境を整えるのは、簡単なことではありません。データを保管するのに大容量のストレージも必要ですし、大量データを処理するために高性能なサーバーも必要でした。さらに、データ分析を扱うツールの使用方法も高度で習得するのに時間を要し、ユーザーがどちらも揃えるには時間・コスト・技術的に非常に厳しいものと思います。

しかし、高度なインフラを、クラウドを介して提供することが目的で展開されているAWSにはお手の物、というところでしょうか。

今回、Amazonが発表した「Athena」は、クラウドコンピューティングとクラウドストレージに実績と強みを持つ、まさにAWSならではのサービスと言えるかと思います。

Pocket

コメント