AWS Summit 2018-CTCソリューション展示と参加した感想

こんにちは。AWSの構築・運用支援サービス運営をお手伝いしている高橋です。本来、金融系システムの担当をしているのですが、金融業界の方からAWSに関するお問合せが多くなり、今年の5月よりAWSのノウハウをためるべく、CTCのAWS専門チームにて修行をしております。

ご参加された方はご存知かと思いますが、今年の5月30日~6月1日の3日間、「AWS Summit Tokyo 2018」が開催されました。

今回は、150以上のセッションと、多くのスポンサーによるブース出展があり、来場者数は約2万2千人!

もちろん、例年通りCTCも展示ブースを構えさせていただきました。
CTCは、2018年度からプレミアコンサルティングパートナーであることもあり、たくさんのお客さまにブースに足を運んでいただきました。 そこで今回は、CTCブースにて展示していたソリューションを少しご紹介いたします。

 

会場内の様子

 


1. クラウドとオンプレ間を簡単移行! 「Veritas Resiliency Platform(VRP)」

こちらはVeritas社のマイグレーション(移行)ソリューションです。

実際にお客様の前で、AWS(クラウド)とVMware(オンプレ)のマイグレーションデモ実演致しました。

VRPの特徴として、以下の3つがあります。

1. 移行のスピードが早い

2. 複数台の制御が数クリックで簡単に可能

3. 戻しも簡単に実施可能

実際に会場では「AWS導入に伴い、オンプレからAWSへの移行を考えている」というお客様から沢山のお声掛けを頂きました。

 

Veritas Resiliency Platform

 



2. どこからでも社内にアクセス可能! 「Amazon Workspaces」

社内だけではなく、自宅からでも、出先からでも同一の環境にアクセス可能になるサービスが、Amazon Workspacesです。

今トレンドのDaaSサービスで、何処にいてもセキュアな環境を保ったまま社内環境にアクセスすることが可能です。また、社内ADと連携が可能なため、社内のシステム担当者も管理が簡単になります。

CTCの導入支援サービスを使うことで、ご利用者自身のWorkSpacesを再起動できるような、ユーザポータルのご提供も可能です。

 



3. パーフェクトなストリーミング体験を! 「AWS elemental」

AWS ElementalはAmazon Web Servicesのグループ企業です。

高度なビデオソリューションと、Cloudのパワーやスケーラビリティを組み合わせた体験が可能となります。イベント開催中は、このソリューションを利用してCTCブースのライブストリーミング配信を行っていました。

動画の品質も良く、セミナーやイベントのセッションライブストリーミングとしても十分ご利用いただます。





 

4. DevOpsビジネスの実現! 「Ignite」

近年、更にスピードが求められているサービス開発において、Igniteは大活躍します。

IgniteはCTCが開発した、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)を実施するためのツールです。AWS上でのアプリケーション開発やリリースなどの効率化が可能となります。

また、今回のイベント中には弊社のDevOpsへの取り組みをご紹介する講演、「AWSを活用した「Enterprise DevOps」適用への挑戦 ~Ignite DevOps~」をおこないました。
本講演では沢山のお客様にお越しいただき、その後の展示ブース内でもIgniteのお問い合わせがとても多かったように感じています。DevOpsのニーズはやっぱり高いようです。開発のトレンドを垣間見た瞬間でした。

 

Ignite

 URL: http:/www.ignite.ci

 ★DevOpsに関しての他の記事は、以下からお読みいただけます。
 https://www.business-on-it.com/2004-riseup-devops/#section1

当記事で紹介しているソリューションにご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。





まとめ

今回、基調講演やサミットでは様々な発表がありました。

例えば、AWSのスタートアップを支援する「AWS Loft TOKYO」のオープンや、ずっと待ち望んでいた「Amazon EFS」を始めとした様々なサービスの東京リージョン対応などです。

また、講演・展示からも、AWSを取り巻く現状やトレンドを肌で感じることができました。今後も、精進してまいります。

著者プロフィール

著者アイコン
高橋祐平
伊藤忠テクノソリュージョンズ株式会社在職中 | 1. 現在の担当業務 : 金融のお客様でもAWS導入を検討する機会が多くなってきたため、AWSの導入・運用支援サービス「CUVIC on AWS」チームにジョインしAWSを勉強中。金融のお客様に安心してクラウドを利用してもらうため、日々活動中。

関連記事はこちら