どのクラウドを選ぶ?――IaaSベンダー徹底比較
~IaaSベンダーの3つのタイプに分類~

background-2492010_640

基幹系システムのIaaS化においてベンダー選定は重要なステップだ。IaaSベンダーによってオンプレミスからプライベートクラウド、パブリッククラウドまで異なる強みを持っている。3つのタイプに分類される各IaaSベンダーの基幹系システムに対する取り組みを俯瞰する。

基幹系システムに広がる選択肢

基幹系システムにIaaSは適用可能なのか?成功例や失敗例をもとに、様々なプレイヤーが様々な立場で議論を戦わせているのが現状と言えよう。現在では基幹系システムの構成は大きく3つに分けられる。

一つ目は従来一般的であったオンプレミス環境。自社内や専用のデータセンター内にサーバー資源を設置し、自社の責任のもとに管理を行う方法だ。

二つ目の選択肢としてプライベートクラウドが提案されている。運用管理をベンダーに委託できるクラウド環境のメリットを享受しながらも、自社の専用環境でセキュリティなどの懸念を抑えられる点が評価されている。このプライベートクラウドはさらに細分化されるケースもあり、自社内で運用を行うオンプレミス型プライベートクラウドと、仮想的に独立したクラウド環境を提供されるホステッド型プライベートクラウドがある。

そして、最後はパブリッククラウドが挙げられる。Amazon Web Services等で有名になったオープンな環境に基幹系システムを構築し、コストの最適化、伸縮性、災害対策などの特徴を活かした運用を行う。

これらの3つの環境は国内外を問わず、多くのベンダーからサービスが提供され、競争が激しくなってきた。特に、一部のベンダーからは基幹系システムを積極的にIaaS上で運用するよう提案がなされてきている。

ベンダー別クラウド形態比較

クラウド中心、オンプレミス中心、ハイブリッド型のIaaSベンダー群

多くのIaaSベンダーの中でも企業によって強みが異なり、また、基幹系システムへの取り組み方も違っている。ここでは代表的なIaaSベンダーを3つのカテゴリに分けて紹介する。

  1. クラウド中心:
    パブリッククラウドを中心としてサービスを提供する最も先進的な企業群だ。このカテゴリの代表はもちろんAmazon Web Services (AWS)である。AWSは複数の満足度調査で一位に輝くようにサービスレベルやコスト最適化などで企業から高い信頼を得ており、大規模な基幹系システムの移行事例も報告されている。他にはMicrosoft Azureやニフティクラウドもクラウド中心のベンダーとして数えられるだろう。なお、Google Cloud Platformも主要ベンダーの一つではあるが、基幹系よりも情報系での利用が多いように見受けられる。
  2. オンプレミス中心:
    データセンターを強みとしてきたベンダーは、クラウドサービスの提供に参入してはいるものの、戦略の中心はオンプレミス型にある。さくらインターネットやカゴヤ・ジャパンは代表的な国内データセンターとして発展し、時代の流れに合わせてIaaS型のサービスも提供している。しかし、完全に戦略を転換するまでには至っておらず、特に、基幹系システムについてはオンプレミス型の専用サーバーを推奨しているようだ。
  3. ハイブリッド型:
    SIerのようにエンタープライズ向けのサービスを得意としてきたベンダーはオンプレミス型からパブリッククラウドまで網羅し、統合的なソリューションを展開している。顧客の要望に合わせて、オンプレミス型とクラウドを同時並行で運用するハイブリッド型クラウドを構築できるのが強みだ。NTTコミュニケーションズ、富士通、NEC、IDCフロンティア、CTCといった企業は、どの構成にも対応可能である。特に、Softlayerを買収した日本アイ・ビー・エムはベアメタルと呼ばれる高性能でセキュリティ面も強化されたサーバーの提供(現在の名称:IBM Bluemix Infrastructure)を行い、基幹系システムの運用に力を入れている。

基幹系システムにおけるハイブリッド型の価値

基幹系システムをIaaS環境に移行する場合、一時的であっても、複数の構成が混在してしまうのは避けられない。基幹系システムは止められないシステムなので、並行運用したり、段階的に移行したりする必要があるからだ。パブリッククラウドとプライベートクラウド、プライベートクラウドとオンプレミスといった様々な組み合わせが考えられる。また、A社のパブリッククラウドとB社のプライベートクラウドにC社のデータセンターを組み合わせるといった複雑な構成でさえ珍しくない。このような基幹系システムの要件を考えると、ハイブリッド型のIaaSベンダーの価値は評価されるべきだろう。実際、オンプレミスと他社IaaS環境を統合して管理できる機能など、サポート体制も充実してきているため、これから基幹系システムのIaaS化を図る際には見逃せない。

最後に

基幹系システム向けIaaSベンダーはパブリック中心、オンプレミス中心、そして、ハイブリッド型の3タイプに分けられる。オンプレミスからパブリッククラウドまで複数の環境が混在しがちな基幹系IaaSの運用においてはハイブリッド型の発展が見逃せない。

 

編集:ビジネスon IT

メールマガジンを購読する

Pocket

コメント