「基幹システム特化型IaaSの国内事例紹介」セミナーレポート

  • [PR]
Kamihara2

『クラウド導入を検討したものの、どれが当社に最適?』IT部門ご担当者が直面するよくある悩みの一つです。
いざ調べ始めるとネットは情報であふれかえり、自社にとって有益な情報か判断つかないのが現状ではないでしょうか?
それでも『手間もコストも重くのしかかる基幹系システムをクラウドに移行して軽くしたい』と考える方は、多いはずです。
今回は、そのような悩みに応えるようなセミナーの様子をレポートします。

最新のIaaS動向から事例紹介まで

ITコンサルティング経験が豊富で、海外動向にも詳しい講師の話を要約すると…

  • 海外ではIaaSは「本番環境」用途での採用が進んでいる
  • その背景にはパブリックでもホステッドプライベートクラウドでもない第3のクラウド(Enterprise Class Cloud)の急速な台頭がある
  • この海外での潮流に先んじて取り組む国内企業も増えつつある
  • 国内企業によるクラウド事業者の比較から選定までのプロセスについて

メジャーパブリッククラウドの変遷に触れながら、台頭するEnterprise Class Cloudを支えるクラウド技術の解説や、国内事例に基づくサービス比較など、約1時間半のセミナーのなかで具体的で実践的な情報を聞くことができました。

セミナーの様子

少人数制ということでセミナールーム内はプライベート感があり、参加者による質問や意見が飛び交うアットホームな雰囲気でした。

また、講師は国内版Enterprise Class Cloudのクラウド開発責任者なので、ネットでは得られない生の情報を聞くことができた参加者の満足度は高かったのではないでしょうか?

<セミナーの様子>木本さん0526勉強会

参加者による質問

セッションの最後にも質疑応答の時間が十分に設けられていました。今回挙がった質問の一部を紹介します。

  • 用途によってはパブリッククラウドの方がオンプレミスやホステッドプライベートクラウドより高くなるのでは?
  • 国内版Enterprise Class Cloudについてより詳細なサービスメニューを教えてください
  • クラウド間連携に関する具体例を教えてください

聞く側も答える側も真剣です。他にも各社サービスにおけるコストと性能やDR構成についての質問など、さまざまな質問が挙がり、改めて基幹システムを含むクラウド化に対する関心の高さを感じました。

さいごに

本セミナーはIaaS導入を真剣に検討されている方から、将来に備えて話を聞いておきたい方まで、幅広いニーズに対応できる柔軟な内容でした。
少しでもクラウド移行に対して不安や悩みを抱えている方にお勧めいたします!

セミナー資料公開中!
『基幹システム特化型IaaS紹介セミナー講演資料』
※資料入手は以下のフォームを入力してください

編集:ビジネスon IT運営事務局(基幹特化型IaaS班)

Pocket

コメント

「基幹特化型IaaS」のイベント・セミナー

開催
事例講演  ユーザーが語るSAP導入の決意