プライベートクラウド導入を成功に導くための3つのポイント(第2回)
~3つの“プライベート・デザイン”が成功のポイント~

pexels-photo-335907-1

パブリッククラウドとプライベートクラウド(ホステッドプライベートクラウド)の違いは「共有」と「専有」という言葉だけではクラウドの本質を理解するためには不十分です。
パブリッククラウドとプライベートクラウドの本質的な違いを整理しつつ、プライベートクラウド導入の意義と成功に導くためのポイントを解説します。

第1回目ではクラウド利用の実態に触れつつ、基幹業務系システムなどミッションクリティカルなITインフラの多様なニーズに応えられるプライベートクラウドの意義について解説しました。

ここからは、本題となるプライベートクラウド導入を成功に導くカギについて解説をします。

ハイライト
● プライベートクラウド導入を成功に導く3つのポイント
● プライベートクラウド導入成功のポイント①――ITインフラアーキテクチャ標準化

3つの“プライベート・デザイン”が成功のポイント

プライベートクラウドのCritical Success Factors (成功に導くためののポイント、以降CSF)とは、

① ITインフラアークテクチャの標準化

② ITインフラ運用の階層化

③ ITインフラの社内サービス化

の3つです。この3つのテーマに対し、いかに自社事情に沿ってプライベート・デザインができるかが重要な成功要因となります。

① ITインフラアーキテクチャ標準化

1つ目の成功のポイントは、アーキテクチャの標準化です。

プライベートクラウドのITインフラ基盤は、さまざまな業務システムが稼働する共通ITインフラ基盤となります。業務システムごとに重要度は異なるため、標準化 ≒ 単一化と捉えてしまうと要件を満たせない(または過剰)なケースが発生します。一方、システム単位にバラバラの設計を行ったのではコスト削減効果が出ません。

そのため、ポイントとなるのはITインフラアーキテクチャに複数のデザインパターンを持つことです。

下図はサーバーの可用性に基づき、複数のデザインパターンを定義したものです。

サーバー構成別、可用性のレベル
図1

高可用性のデザインAからシングル構成のDまで用意することで、重要システムの本番環境から周辺システムや検証・開発環境までのITインフラを、網羅的に提供することができます。プライベートクラウドでは、サーバー以外にもデータ保護(バックアップ)、セキュリティ対策、ジョブ運用などについて、アーキテクチャの標準パターンを準備しておくことが有効です。

それでは、ITインフラのすべての領域を事前に標準パターン化し、利用者が必要なタイミングで即時提供することができるでしょうか。

残念ながら、すべての領域について標準テンプレートを活用して容易に構築することはできません。たとえば、ネットワークについてはシステムごとにアクセス要件が様々であり、導入時に都度ネットワーク設定変更作業が必要とされます。こうしたケースには、サーバー同様にデザインパターンを複数用意し、パターンごとに構築手順までを整備しておくことが有効です。これにより、利用者との要件調整の負荷削減をはじめ、構築リードタイムの短縮を見込むことができます。

② ITインフラ運用の階層化

2つ目の成功のポイントは、運用です。

ある大手企業ののプライベートクラウド構築プロジェクトでの実施した分析では、プライベートクラウドに関するコストのうち、サーバーやラインセンス、データーセンター内ラック費用は全体の半分以下で、運用コストが6割のコストを占めていました。仮想化統合の事例ではサーバーやラック数を大幅削減するなど、コスト削減効果が謳われていますが、実際の削減効果は極めて限定的であり、運用コスト削減こそ真に手がけるべき領域であることがわかりました。

プライベートクラウドのTCP比率
図31

プライベートクラウドの運用の特徴は、運用体制が1対N型になることです。ITインフラは共通化され一つの体制となり、複数の業務システムを担当するチームに対して横断的に運用サービスを提供する体制となります。

この時、クラウド提供者と利用者の運用責任分解点を明確にすることが重要です。クラウド提供者の運用スコープは、2つのアプローチで検討を進めることができます。

次回はクラウド提供者の運用スコープに対する2つのアプローチと、プライベートクラウド導入における3つ目の成功のポイント「ITインフラの社内サービス化」に関して解説します。

関連記事:
プライベートクラウド導入を成功に導くためのポイント(第1回)
プライベートクラウド導入を成功に導くためのポイント(第3回)

編集: ビジネスonIT

Pocket

コメント