投資対効果の最大化を確約!?するIaaS基盤の完全従量課金
~ その従量課金は本当に使っただけですか? ~

CUV_WP_μVM

企業の CIO にとって基幹システムに対する投資効果の最大化は、最重要課題の1つといえるでしょう。

これら企業活動の中核を成している基幹システムは止まることが許されず、一般的にITインフラのキャパシティは十分な余裕を持たせるべく、サーバーやその他の ITインフラ調達コストも非常に大きくなる傾向があります。

本ホワイトペーパーでは、最近注目を集めている完全従量課金制を採用する事で、なぜ投資対効果が最大化できるのかをご紹介します。

 


編集:ビジネスon IT運営事務局(基幹特化型IaaS班)
Pocket

コメント

「基幹特化型IaaS」のイベント・セミナー

開催
SAP S/4HANAを強固にするインフラ基盤の構築術