海外動向――動かない?基幹システムのクラウド移行
SAPやOracleのERP、クラウドで動かすことを検討開始していますか?

industry-2738405_640

IaaS提供はAWS、Google、IBMなどアメリカ企業が先行しているが、ユーザー企業の導入意欲は高いのだろうか。新しい技術への導入意欲の高い海外企業における基幹システムのIaaS利用法について紹介する。

 

海外のミッション・クリティカル・システムはハイブリッド型が標準

基幹システムは英語でMission Critical Application(ミッション・クリティカル・アプリケーション)と呼ばれる場合が多い。日本と比べて新しいトレンドに飛びつく傾向の強い海外であっても、ミッション・クリティカル・システムをIaaS上で運用しようという試みが広がってきたのは最近のことだ。日本と同様に、予算の最適化や柔軟性という利点は認識するものの、セキュリティやインフラ管理の観点から二の足を踏む企業が多かった。IaaSは情報系システムや、予算や人的資源の乏しいベンチャー企業のためのものと認識されていたのだ。しかし、AWS、Google、IBMを始めとする各企業のサービス向上により、海外でも基幹システムのIaaS移行が普及しつつある。

海外ではハイブリッド型クラウドが標準的な戦略と考えられるようになった。クラウドインフラを検討する際に、パブリック、プライベート、オンプレミスといった仕組みの中から一つだけを選択するのは現実的ではないため、適材適所の方針をとるCIO(最高情報責任者)が多い。ハイブリッド型クラウドを管理するシステムが、クラウドベンダーから提供されるようになったのが、この流れを後押ししている。また、海外のCIOは「シャドーIT」に目を光らせなければならない。シャドーITとは、会社が認めていないWebサービスや端末を、社員個人が業務利用してしまう行為を指す。生産性や社員の満足度向上に寄与する一方で、情報漏えいなどの危険性が指摘されている。DropboxやEvernoteなどのサービスに人気が集まる海外では、企業がシャドーITを禁止するのは現実的ではない。会社のITガバナンスの一部にパブリッククラウド利用として組み込む方法が広まり、結果として、ハイブリッド型クラウドの採用につながっているのだ。

クラウドベンダー間の競争が激しさを増しているため、IaaSのさらなる価格下落が見込まれている。各社の仕様やサービスに違いが見られなくなっている現状を考えると、クラウド提供者にとって、価格による差別化しか残された手段はないだろう。この価格下落がIaaS採用の増加につながる可能性が高い。さらに、基幹システムのIaaS移行はビジネスモデルの変革の機会と捉えられている。クラウド移行を機に大きな業務改革を経験した企業は69%にも上るのだ。クラウド移行は適用ではなく、業務改革の手段に変わりつつある。

クラウド移行は適用から業務改革の手段へ

アメリカの大手通信会社ベライゾンは企業のクラウド利用について毎年調査を行っている。この調査によると、実に75%もの企業がハイブリッド型クラウドをIT戦略に採用しているという。多くの企業では、Webシステムなどの限定的な用途にコスト面で有利なパブリッククラウドを用い、機密性の高い基幹システムはプライベートクラウドで運用し、そして、移行が困難なレガシーシステムをオンプレミスで保持していた。ハイブリッド型クラウドを運用できる人材の確保に課題を抱えるものの、複数のクラウドや複数の運用事業者をまたがって管理するサービスの利用によって、運用を行っているケースが多い。

 

基幹システムをクラウド上で運用する理由としては以下のポイントが指摘されている。ビジネス要求への素早い対応(88%)、運用の改善(65%)、コスト削減(41%)、競合への追随(35%)、社内で不足しているスキルの補完(29%)、法令遵守の簡素化(18%)、セキュリティの向上(18%)の順に回答が多かった。ビジネス環境の素早い変化に対応するために、クラウド移行を進めている傾向が見て取れる。また、回答数は少ないが、法令遵守やセキュリティといった要件に対し、クラウド事業者にアウトソースで対応しようという取り組みも興味深い。

海外では信頼性やセキュリティに関して、IaaS環境をオンプレミスと同等のレベルで評価している会社もある。可用性や信頼性がIaaSの方がオンプレミスよりも高いと回答した企業は60%に上り、同等と回答した企業も27%ある。また、セキュリティの観点でも、40%の企業がIaaSの方が優れていると答え、オンプレミスと同等と回答した企業も40%見られた。基幹システムをIaaS上で運用するに足るだけの機能があると認識されているのだ。

世界中に広がる基幹システムのIaaS移行事例

The Weather Companyは天気情報を提供するケーブルテレビチャンネルであり、IBMに買収されたことでも話題になった。世界中に気象情報を配信するため、13ものデータセンターに分散したアプリケーションを効率よく管理運用する課題があった。15分おきに更新される気象情報は膨大なデータを生み、一時間に4テラバイトもの容量に到達する。この気象データを運用管理する作業を簡素化するため、同社はIaaS移行を決断した。結果として、13のデータセンターは6つに集約され、インフラエンジニアの作業負荷は大きく改善された。年間百万ドルものコスト削減にも成功し、可用性や柔軟性の向上にも貢献している。

IaaS移行はアメリカだけの流行ではない。イギリスの格安航空会社EasyJetはその一例だ。欧州内で600以上の路線を持ち、年間6000万枚以上の航空券を販売する同社では、厳しい競争に打ち勝つため、座席予約システムを導入し、顧客サービスの向上を目指していた。リアルタイム運行システムとの連携など、多くの機能要件が求められている中、クラウドの柔軟性を活かすため、オンプレミスからIaaSへの移行を行ったという。IaaSへの移行は、モバイル機器からアクセスが増加した場合にスケールアウトを容易に行えるという利点をもたらした。社内の業務アプリ開発者からも、リスクとコストを抑えながら素早くアプリケーション導入が行えるようになったとして、高い評価を得ている。

最後に

海外では基幹システムのIaaS移行が普及しつつあり、ハイブリッド型のアーキテクチャが標準となっている。可用性やセキュリティにも信頼が高まり、多くの業種で導入事例が見られる

編集:ビジネスon IT

Pocket

コメント