プライベートクラウドとパブリッククラウドの違いやメリット・デメリット

hybrid-cloud-4

IaaSはコンピュータ資源を所有から利用へ変えることにより、導入速度やコストを最適化するクラウドサービスである。企業内情報システムの常識になりつつあり、その運用ノウハウも蓄積されてきた。クラウドサービスの各提供形態の特徴と、それらのメリットとデメリットを明らかにする。

クラウドサービスの提供形態

クラウドサービスが広がりを続ける背景として、情報システム資産の「所有」を「利用」へと変えることにより、システム導入に関するコストを最適化したり、クラウド事業者から最新技術への対応支援を受けたりすることが挙げられる。さらに、コスト・柔軟性・セキュリティなどの要件に合わせて、クラウドサービスには複数の提供形態が確立されてきた。

 提供形態によって細分化されるクラウドサービス

パブリッククラウド

クラウドサービスは大きくパブリッククラウドとプライベートクラウドに分けられる。パブリッククラウドはAmazon Web Serviceが代表にされるような、不特定多数のユーザーにコンピューティング環境を提供するクラウドサービスを指す。サーバーやストレージのみを提供するIaaS (インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)に加えて、ミドルウェアを含めて提供するPaaS (プラットフォーム・アズ・ア・サービス)やアプリケーション自体を提供する SaaS (ソフトウェア・アズ・ア・サービス)も普及してきた。

ホステッド型プライベートクラウド

プライベートクラウドは、さらにホステッド型とオンプレミス型に細分化される。ホステッド型は「持たないプライベートクラウド」とも呼ばれ、パブリッククラウドと同様に、クラウド運用事業者のサーバー環境内にシステムを構築する。不特定多数の利用者で共有されるパブリッククラウドとの違いは、独自の設定が行えるよう一定のサーバー資源を占有できる点が上げられる

オンプレミス型プライベートクラウド

オンプレミス型のプライベートクラウドの場合、ユーザー企業の側でクラウド環境を構築する。仮想化や運用自動化などのクラウド運営のノウハウを自社環境内に適用することで、クラウド化のメリットを享受するのが狙いだ。

ハイブリッドクラウド

さらに、複数のクラウド環境を混在させるハイブリッド型のクラウド化手法も利用されている。適材適所でパブリッククラウドとプライベートクラウドを活用することで、双方が持つメリットをそれぞれ利用することができる。

クラウドサービスの広がりと共に、実ビジネスで運用するにあたっての知見が蓄積されてきた。各提供形態のメリット・デメリットはどのようなものがあるのだろうか。

ユーザー企業から聞かれたメリットとデメリット

パブリッククラウド

パブリッククラウドのメリットは圧倒的な導入速度の速さにある。初期構築、増設を問わず、クリック一つで柔軟にシステム環境を変更できるのは大きな強みだ。一方で、セキュリティポリシー等、クラウド事業者のルールに従う必要があり、サービスを使いこなすためには一定のスキルを持った技術者が求められ、簡単に人件費を削減することは難しい。コストについては、従量課金であるため、コスト削減につながるケースが多いが、あらかじめコストの見積もりを行うには困難がある。

ホステッド型プライベートクラウド

ホステッド型プライベートクラウドは、パブリッククラウドとオンプレミス型プライベートクラウドの中間に位置する。ホステッド型プライベートクラウドは独自の要件を適用できる点で、パブリッククラウドより高い評価を受けている。パブリッククラウドより割高になる側面はあるものの、オンプレミス型と比較した際の導入速度の速さや運用コストの低減といったメリットは同様だ。

オンプレミス型プライベートクラウド

自社内にシステムを設置するため、外部からのアクセスを遮断できることから、最もセキュリティレベルの高い手法と言える。他にも自社独自の要件を自由に設定できるため、柔軟性が高い。プライベートクラウドといっても、環境構築や運用に関する負担がかかるので、導入速度やコストの面では不利となる。

ハイブリッド型

現実的な運用として最も期待されるのがハイブリッド型だ。例えば、特定の時期やキャンペーン時のみパブリッククラウドを利用し、平常時のアプリケーションはプライベートクラウドに設置する方法がある。他にも障害発生時やテスト環境としてホステッド型プライベートクラウドを組み合わせるケースも考えられる。”良いとこどり”をするハイブリッド型も完璧ではなく、システム構成が複雑になることや、複数クラウド間のデータ冗長性やセキュリティの確保が難しいことが課題として指摘されている。

目的に合致したクラウドサービスの利用

クラウドサービスを選択する際には、取り扱うデータやアプリケーションを勘案し、利用目的に合った手法を見つけることが重要とされる。パブリッククラウドに向いているのは、社外からのアクセスが多いWebシステムだろう。加えて、社外にいる社員からのアクセスが想定される営業支援系・情報系アプリケーションも該当する。CRMなどの標準化されたアプリケーションの場合、IaaSではなくSaaSの利用を検討しても良いかもしれない。ホステッド型プライベートクラウドは、社内向けのアプリケーションが最適だ。在庫管理・受発注管理といったアプリケーションに関して、社内独自のセキュリティポリシーを適用しつつ、コストや運用負担の最適化が図れる。そして、社外に移すことが難しいデータを含む財務・会計システムなどは、オンプレミス型プライベートクラウドが適している。現在のシステム環境やセキュリティポリシーを勘案しつつ、ハイブリッド型のシステム構成を検討するのが良いだろう。

最後に

クラウドファーストの広まりとともに、クラウドサービスの運用ノウハウが蓄積されてきている。その強み・弱みを理解することで、パブリッククラウド、プライベートクラウドの最適な活用方法が明らかになるだろう。

 

編集:ビジネスon IT

 

メールマガジンを購読する

Pocket

コメント