基幹系システムのクラウド稼働――妥協してはいけない「3つの条件」
基幹系システムに最適なクラウド基盤を見つけ出すための基準

hand-1598182_640

クラウドサービスの信頼性が向上したことにより、基幹系システムをクラウド移行する企業が現れ始めている。そこで、基幹系システムの高い要件を満たすクラウドサービスについて、性能保証、セキュリティ&コンプライアンス、コストの3点から検討する。

 

 

近年見られる大きな変化の1つに、基幹系システムのクラウド移行がある。以前はミッションクリティカルなシステムをクラウドで運用することに否定的な声があったが、実際に大幅な運用不可軽減やTCO削減などを果たす事例が現れ始めたことで、方向転換を図る企業が増えている。

このクラウド移行で失敗しないためには、コストだけでなく、SLA、セキュリティ、コンプライアンスについても十分に検討を行う必要がある。例えば、SLAに関しては、多くのサービスが可用性を保証しているが、性能保証までしているサービスは少ないことを知っておきたい。

このように一般的なクラウドサービスでは、基幹系システムに求められる高い要件を満たせないケースがある。そこで急浮上してきたのが、基幹系システム特化型クラウドサービスという選択肢だ。本コンテンツでは、性能保証、セキュリティ&コンプライアンス、コストの3点から、この新しいサービスの実力を検討する。

ダウンロード資料名:
基幹システム特化型IaaS『CUVICmc2』紹介資料 ~高セキュリティ&コンプライアンス編~

編集:ビジネスon IT

Pocket

コメント

「基幹特化型IaaS」のイベント・セミナー

開催
基幹システムの選定セミナー