IaaS海外動向|エンタープライズ向けクラウドで高い評価を受けるVirtustream社
~ニッチ市場で世界的に高い評価を得ているのIaaSベンダー”Virtustream社”にクローズアップ~

図1

エンタープライズ向けクラウドは高い可用性や安定したパフォーマンスが要求されるため、対応が可能なクラウド事業者は一部に限られる。このニッチ市場で世界的に高い評価を得ているのがVirtustream社だ。

 

ガートナーにも注目されるエンタープライズ向けクラウド事業者

クラウド事業者は無数に存在しているが「エンタープライズ向けクラウド」が提供できるのは、どれ程あるのだろうか?高い可用性、処理速度など、多くの要件を満たすためには、高度な技術力が求められる。AWSやGoogleといった世界的な大手企業と伍して、このエンタープライズ向けクラウドを提供しているのがVirtustream社だ。

Virtustreamは2008年に創業された新興クラウド事業者である。2010年頃に4000万ドル、2011年に1500万ドルを資金調達し、各メディアから注目されるようになった。2015年には大手ハードウェア企業EMCに買収されている。さらに、EMCがデルに買収されたのに伴い、現在、Virtustreamはデル・テクノロジーズの一部となった。

Virtustreamは既に世界展開を果たしている。米国アトランタ、ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンDC、アイルランド(ダブリン)、イギリス(ロンドン)にオフィスを構え、また、米国・イギリスにデータセンターを設置した。

Virtustreamの技術力の高さは、米国調査会社ガートナーに認められ、2012年より、IaaS部門のマジック・クアドラント・レポートに名を連ねるようになった。同レポートはビジョンと実行力の2軸から事業者を分類する。世界的に見てレベルの高い企業のみが掲載されるため、同分野でVirtustreamのような新興クラウド事業者がニッチ企業としてガートナーに認められるのは驚くべきことだ。

Virtustreamは、ビジョンの観点ではVMWareや富士通、NTTコミュニケーションズと同レベルの評価を獲得した。さらに、実行力の観点では、これら3社を上回り、Rackspace等に近いレベルにある。ニッチ企業の中でも極めて上位の実力を持っていると見てよいだろう。

ガートナーは、Virtustreamの強みとしてエンタープライズ向けクラウドのソリューションを挙げている。ERPなどの複雑なミッション・クリティカル系のシステムに最適であり、ユーザーはシステムの柔軟性を獲得し、リスクの軽減が図れるようになる。EMCに買収されて以降、その販売網の力を借りて、SAP導入などの実績を伸ばしている。

ガートナーによるVirtustreamの分析(抜粋)

ガートナーによるVirtustreamの分析(抜粋)
Pocket

コメント

「基幹特化型IaaS」のイベント・セミナー

開催
事例講演  ユーザーが語るSAP導入の決意