クラウドへの「不安」の原因と、それを取り除いて建設的な議論を進める方法

5f-title2

これまでオンプレミス環境に親しんだ企業にとっては、システムを他人に預けるクラウド環境に不安を抱く心理も理解できる。その心理を紐解き、建設的に議論を進める方法について考えてみよう。

「4つの不」に代表されるクラウド導入における心理的課題

不安。はっきりしない事象や未来に対して抱く漠然とした嫌な予感を指す。対象が明確になる「恐怖」とは異なり、対象がはっきりしないのが特徴だ。「クラウドを使って、情報漏えいしたらどうしよう」「コストが低減できず、社内から批判されるかもしれない」疑問に感じる項目が明確になっていれば対策の立てようがあるが、クラウドコンピューティングを導入するにあたって漠然とした「不安」を抱いては、導入に至るまでの道のりは険しい。

不安は主観的なものであり、客観的に考えれば、論理的な議論ではない場合も多い。極端な例として、オンプレミス環境を使った経験がなく、クラウド環境に慣れ親しんだ人間を想定してみよう。おそらく「同地域のデータセンターで運用していて災害が起きたら、どうしよう」「急にアクセスが増えても、すぐにサーバーが追加できないかもしれない」といった不安を感じるだろう。立場や知識の量によって不安に感じる項目は異なり、見方さえ変えれば、不安に思う程ではないケースも少なくないのだ。

一般にB2Bの購買プロセスを考える上で、4つの心理的課題があると言われる。

  • 不感:課題が腹落ちしていない
  • 不知:課題は感じているが、解決手段を知らない
  • 不信:解決手段は認知しているが、その有効性を信じていない
  • 不急:手段の有効性は認識しているが、相対的に解決すべき優先度が上がらない

クラウド環境の導入も、“4つの不”が当てはまる。「不感」においては、手工業的なコンピューティング環境から標準化によるITプロセスの高度化という課題が、クラウド反対派にとって理解されていないケースが考えられる。また、「不知」については、クラウドコンピューティングの仕組みや利点が理解されず、解決手段として未だに真剣に検討されていない企業が当てはまる。

「不信」の段階にある企業は、クラウド環境によるコスト最適化や柔軟性の確保といった有効性が理解されていない。そして、これまでのオンプレミス環境で運用できてきたからといって、クラウドへ移行する必要を感じない「不急」のケースがある。

クラウド導入に際しては、どのレベルの担当者がどの心理状態にあるかを知るのが必要だ。購買プロセスは、現場の担当者から管理者、経営者まで、それぞれの立場があり、それぞれが主観的な不安を感じている。例えば、担当者は「不感」の状態にあり、経営者は「不知」に当てはまるといった具合だ。クラウドを推進したい情報システム部やクラウド・ベンダーは、その心理状態を十分に理解するよう心がけるとよい。

4-Fuクラウドコンピューティングに対する「4つの不」

Pocket

コメント

「基幹特化型IaaS」のイベント・セミナー

開催
事例講演  ユーザーが語るSAP導入の決意