【製造業事例】ナミックス株式会社
~ SAP 基盤のクラウド化による BCP / DR の強化 ~

CUVICmc2

 

 新潟に本社を構えるナミックス株式会社は積極的な海外展開に伴うビジネスの拡大により、基幹業務システムのグローバル対応が急務となりました。
 それまでの基幹業務システムは独自開発のシステムを運用していましたが、グローバル化が加速するにつれ限界が見えてきました。そこで、2012 年にオンプレミス型の SAP ERP 基盤を導入。その 5 年後の 2018 年には SAP ERP 基盤のクラウド化を目指す事となります。
CUVICmc2
なぜ、SAP ERP 基盤のクラウド化が必要であったのでしょうか?
多数の IaaS の中から選択したサービスとは?

ナミックス株式会社伊東氏にその理由を伺ってみました。

伊東規勝氏
ナミックス株式会社
管理本部 INS G
グループマネージャ

 

ハイライト① 【課題】

顧客から強まる BCP と DR への強化要望。
オンプレミス型の SAP ERP 基盤の運用負荷。
5~6 年ごとに繰り返される基盤システムの更新負荷。

 

ハイライト② 【ソリューション】

SAP ERP 基盤を基幹系システム特化型クラウドの CUVICmc2 に移行。
基幹システムを使用している間だけ課金する従量課金型のクラウドを選択。
SAP の運用サービスを提供できるベンダーを選択し、運用負荷を軽減。

 

ハイライト③ 【結果と今後】

BCP / DR の強化による『壊れない、止まらない、消失しない』基盤システムの実現。
SAP ERP 基盤のクラウド化と CTC の共通基盤 (SAP BASIS) 運用サービスによる運用負荷の軽減。
従量課金と必要に応じたシステムキャパシティの増減によるコストの最適化 。

 


 

1. 詳細は事例資料をダウンロード


 

2. 会社概要

社名 ナミックス株式会社 (NAMICS CORPORATION)
所在地 新潟県新潟市北区濁川 3993 番地
設立 1947 年
資本金 8,000 万円
業種 エレクトロケミカル材料の研究・開発、製造、販売
WEB http://www.namics.co.jp

 

3. CUVIC mc2 について

 「CUVICmc2(キュービックエムシーツー)」は、基幹系システムの運用に特化したクラウドサービスです。パフォーマンス SLA を含む「性能保証」、世界最高水準の評価を受けたセキュリティ設計を踏襲することで実現した「高いセキュリティ&コンプライアンス」、コンピューティングリソースの「実使用量に応じた従量課金体系」の 3 要素をすべて兼ね備えることで、SAP ERP をはじめとするミッションクリティカルなシステムの安定稼働と低コスト運用を支援します。

STAR_F01

Pocket

コメント