パブリッククラウドを賢く利用し、コストを抑えて性能を上げる方法
~クラウド環境では、『サーバーの追加・増強は最後の手段』という考え方~

technology-1587673_1280

パブリッククラウドではクリック一つでサーバーの追加・増強を行えるのがメリットだ。しかし、安易な追加・増強によってコストが跳ね上がってしまう場合もある。コストを抑えて性能を上げるには、どうすればよいのだろうか。

 

サーバーの追加・増強は最後の手段

企業システムをパブリッククラウドに移行する際に懸念されるのは性能問題だ。一般的に、クラウド環境では一つのサーバーを複数のユーザーと共有するため、サーバーの仮想化を行っており、その仮想化によるオーバーヘッドが性能を落としてしまう。
性能が不足した場合、簡単にサーバーを追加したり、増強したりできるのがクラウド環境のメリットであるが、安易な対応は大幅なコスト増加を招くため現実的ではない。例えば、基幹システムのように高いシステム要件を求められるものをクラウド環境へ移行する場合、初めから最も性能の高いサービスが必要になってしまうケースもある。

クラウド事業者も性能の向上は大きな課題であると認識しており、新たなサービスを投入してきた。具体的には、「ベアメタルサーバー」と呼ばれるサービスを導入し、仮想化によるオーバーヘッドを除いた物理サーバーのクラウド提供を行う等の取り組みが見られる。しかし、これらの新サービスもコスト面で魅力があるとは言えない。

性能問題が表れやすいのは、オンプレミス環境で運用していたシステムに、極力、手を加えず、そのまま移行する考え方を採用した場合だ。オンプレミスの企業システムでは、構成を簡素化させるため、より性能の高いマシンを使う「スケールアップ」が主に使われる。一方で、クラウド環境では性能の低いマシンを多数並べて性能を向上させる「スケールアウト」に強みがあり、オンプレミスとクラウドを併用するハイブリッド型など、複雑な構成も多い。これまでスケールアップしてきた環境をそのままクラウドで使おうと思うと、想定された使い方から外れてしまうため、コスト増加の原因となってしまうのだ。

クラウド移行に伴うコスト増加を避けるには、クラウド環境に適した賢いサービスの利用が欠かせない。主観的な印象で「クラウドは遅い」と結論付けるのではなく、一つ一つのシステム要素で処理速度を計測し、定量的な評価を行い、そして、問題の切り分けを実施するのが第一歩だ。問題が特定できれば、それを改善するサービスがクラウド事業者から提供されているケースが多いので、適切な対処が取れる。

Pocket

コメント

「基幹特化型IaaS」のイベント・セミナー

開催
SAP S/4HANAを強固にするインフラ基盤の構築術