クラウドに費やすコストを節約しよう

 常にコスト削減の対象として見られている基幹系システム。ある中堅企業のCIOによると、自社の基幹系システムのITインフラのリソース稼働率が年平均で約10%だったことが判明したものの「無駄に感じるが必要」として諦めているそうです。

▼ ハイライト
1. 基幹系システム投資におけるITインフラの課題
2. 基幹系システムの投資利益率を最大化する「サーバリソースの黄金比」とは?
3. 高いROIを生み出すサーバリソースの従量課金方式

1. 基幹系システム投資におけるITインフラの課題

 企業活動の中核を成している基幹系システムは安定した稼働や性能の確保が重要視されるため、それを支えるITインフラは年度末や繁忙期などのピークに合せて十分な余裕を持たせるべく設計します。この無駄をイメージ化すると以下のようになります。

従量課金

図 1. 基幹システムの IT インフラのリソースサイズ

  1. システムが実際に利用する IT インフラのリソースサイズ
  2. 突発的な処理実行の際にのみ必要とされるリソースサイズ
  3. システム設計時に余裕をもって調達しているリソースサイズ

2. 基幹系システムの投資利益率を最大化する「サーバリソースの黄金比」とは?

 基幹系システムの運用において、サーバ停止やパフォーマンス劣化などに備えて最大限のリソースを調達することは過剰な投資を生みます。そこで、リソース調達を最適化するポイントとして、サーバリソースの黄金比が注目されています。

従量課金

 企業活動の土台となる基幹系システムの停止は、ビジネスにおける大きな損失に直結します。そのため、業務で想定される最大の負荷に備えてリソースサイズを決定するのが一般的ですが、ROI(投資利益率)の観点から見たとき、この考え方には大きな弱点があります。

 それは、リソースの上限に迫るような業務は、例えば年度末の決算処理や繁忙期対応など処理突発的に発生するケースがほとんどであるということではないでしょうか?残りの大部分を占める通常業務においてリソースが過剰となることが、基幹系システムへの投資効率を下げる要因となっています。

 特にオンプレミスでサーバを個別構築・運用する場合、この問題からは逃れられません。また、導入が進む従来型のIaaSについても、業務のピークに合わせたリソースの確保は不可欠で、過剰投資の問題はオンプレミスと変わりはありません。

3. 高いROIを生み出すサーバリソースの従量課金方式

 突発的に増えうるITリソースへの要求にリアルタイムに応えるために必要なリソースは確保しつつ、実際にシステムが利用した分のみを支払う。――この矛盾した課題に対して、米国のクラウドサービスプロバイダーであるVirtustream社は、これまでに無いITインフラの効率的な利用を可能にする技術を開発することで、新たな解決の術を見出しました。

 CPU、メモリ、ネットワーク帯域、ストレージI/Oで構成されるシステムリソースの実際に使用した量のみを課金するを実現するVirtustream社の特許技術、μVM(マイクロヴイエム)です。

 μVM(マイクロヴイエム)の詳細を記載した資料については以下よりダウンロード頂けます。

資料ダウンロード

まとめ

 基幹システム特化型IaaS (CUVICmc2)は高セキュリティ・ガバナンスとパフォーマンスを保証し、完全従量課金制によりオンプレミスやプライベート環境と比べコスト削減を実現します。従量課金方式のクラウドの選定に悩まれている方は、以下よりお問合せ下さい。


お問合せボタン

STAR_F02

関連記事はこちら